So-net無料ブログ作成

稲毛浅間神社神楽その他(1月1日撮影) [歳時記]

稲毛浅間神社の神楽は、12座あります。そのうちいくつかは紹介しました。
今回は、今まで紹介していない神楽について紹介します。
今回の写真、動画は、EOS R+RF24-105F4L IS USM で、撮影したものです。

神宮皇后安産子育ての舞い

神功皇后は、後に応神天皇となる子供を妊娠しながら出陣し、出産、陣中、子育てをしたと言われており、その話から神楽が出来たとのこと。
なお、神功皇后は、妊娠したまま新羅征伐に出かけ、新羅を降伏させ、さらに、高句麗、百済も従わせたそうです。すごい女傑だったようですね。15代の女性の天皇という説もあるようです。

1-00-AT2A0902mh




https://youtu.be/pfmcbaHi3NY



農耕豊穣の舞い

1-01-AT2A0920mh





https://youtu.be/1FiGnsgFAt4



事代主命の舞い

1-02-AT2A0935mh


続きを読む


nice!(55)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019年新年会(1月2日撮影) [歳時記]

毎年、相方の実家で、三年前に、老方のお母さんが老人ホームに入ってからは、近くの相方の弟のマンションで、新年会を行っています。

娘夫婦の子供達です。
8歳と3歳です。
お姉さんは、妹の面倒をよく見ていますが、妹の方は、時々「お姉さんに向かっていきます。

1-01-AT2A1012mh



1-01x-IMG_1744mh



妹の方は、前日、中耳炎を起こして、機嫌が悪かったそうで、良くならなければ、参加出来なかったところ。
なんとか、この日の朝、機嫌が良くなり、中耳炎もよくなったので、参加と言うことになりました。機嫌が良くなれば、この元気です。

1-02-DSC05492mh




こんなかわいい目で見つめられると、何も言えませんね。

1-02l-IMG_1750mh


1-02m-IMG_1749mh

続きを読む


nice!(51)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019年稲毛浅間神社初詣 (1月1日撮影) [歳時記]

今年も、初詣に出かけました。
昨年は、検見川神社に行きました。
それまでは、稲毛浅間神社です。
二つの神社は関係なさそうですが、検見川神社が親、稲毛浅間神社が子だそうです。

稲毛浅間神社は、沢山来るときは、参拝の列が、14号の国道まで、あふれているときが、ありました。二年前は、そういう賑わいはありません。
今年は、さらに、人が少なくなった感じです。
景気が悪いときは、神社に人が沢山来るという話ですから、人が少ないということは、景気は、いいのでしょうか。
まあ、多くの会社、最高益を出していますね。失業率もかなり、低いと聞きます。
ただ、株式市況は、アメリカと中国の覇権争い、貿易問題、イギリスのEU離脱問題、その他で、不透明感が強く、年末の日経平均は年初の値を、下回りました。

今回のカメラは、EOS R+RF24-105F4L IS USM が中心です。

特に補正していませんが、あまり、コントラストがつきすぎず、普通の感じで撮れています。

1-01-AT2A0844mh




家族の健康をお祈りしました。

神社の中まで、明るくするのは、HDR撮影か、ソフトで、補正しないと行けませんね。

1-02-AT2A0848mh





お参りの後、いつものように、神楽を見て帰ります。
ここは、500年以上前から、続く12座のお神楽をやっています。
後継者不足で、どちらかというと、細々とやっている感じです。

舞台も小さく、観客席も、一方向で、決して、鑑賞するのに、いい環境では無いです。

午後一時から開始です。
今、巫女の舞いをやっている所です。

1-03-AT2A0849mh1


続きを読む


nice!(52)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

千葉市花火大会その2(7月27日撮影) [歳時記]

千葉市花火大会の続きです。

本当は、入場券を買って、見に行くつもりだったのですが、どうしても、この日、墓参りに行かないと、7月中には、行けないと言うことになり、墓参りを優先しました。

墓参りからかえって、家の前の通路から、花火大会の見物です。
昨年よりも、よく、見えました。

DSC_1076mh




DSC_1078mh




DSC_1079mh




DSC_1083mh


続きを読む


nice!(54)  コメント(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初詣@検見川神社(1月1日撮影) [歳時記]

毎年、稲毛の浅間神社に、初詣をしますが、今年は、相方が、11月末に、股関節を人工股関節に替える手術を受け、回復は順調ですが、まだ、少し、長い距離は、歩きたくないということで、検見川神社にお参りしてきました。

カメラはEOS 5D MK3 ですが、レンズは、新たに購入したEF24-70F2.8L Ⅱ USM です。
念のためにEF70-300F3.5-5.6 IS USM も、持っていきましたが、使用する機会は、ありませんでした。
浅間神社の方が、敷地が広く、初詣客は、かなり、多いです。
ただ、検見川神社の方が、親で、浅間神社の方が、子だそうです。

1-01-6P8A0024mh




1-02-6P8A0022mh




1-03-6P8A0020bmh


続きを読む


nice!(65)  コメント(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初詣―稲毛浅間神社(2016年1月1日撮影) [歳時記]

ここの所、毎年、1月1日に、初詣をしています。

神社は、稲毛浅間神社です。

午後2時10分頃、神社に到着。
御神楽の前半の最後の農耕豊穣の舞を踊っているところでした。






これが、終わったところで、紅白の餅をまきます。

昨年までは、紅白の餅を別々にまいていましたが、今年は、紅白の餅をセットにしてまいています。
昨年は、運よく、3-4個、ゲットできましたが、前半は、ダメでした。

前半の御神楽が終わったところで、お参りをしておきます。
天気が良く、少し、暖かめで、しかも、景気もいいせいか、いつもより、人が多いです。











続きを読む


2015年初詣―稲毛浅間神社(1月1日) [歳時記]

1月1日の初詣は、近くの稲毛浅間神社にここ数年、行くことにしています。

20分歩いて、行けるというのも気軽です。

車で来る人にも、近くの公園を駐車場に提供されています。

お参りの後、ここで、行われる御神楽を見るのも楽しみです。
この御神楽は、500年物歴史があるそうで、千葉県から、無形文化財に指定されています。

1時40分頃到着すると、御神楽は、すでに始まっていました。

12座神楽の3つ目の猿田彦命の舞が行われているところでした。







まずは、お参りをします。






今回は、正面から、お参りします。
いつもは、正面の並びは、ものすごい行列になって、下の鳥居を越えて、国道まではみ出ているのですが、今年は、そういう行列は、ありませんでした。








例年より、かなり、人が少ない感じです。
いつもおより、多少、寒い感じはしますが、そのせいではない気がします。
実は、景気がいいのかもしれませんね。
景気が悪いと、苦しい時の神頼みで、人が沢山来ます。

昨年の破魔矢は、返却して、新しいのを買います。




続きを読む


浅草寺初詣 その2 [歳時記]

前回の続きです。

1月5日の撮影です。
カメラは、
EOS Kiss X7+EF-S10-22 F3.5-5.6 USM,
EOS 70D+EF-S18-135 F3.5-5.6 IS STM

です。


お参りが終わり、本堂から出ました。






屋根の部分をアップ。




続きを読む


浅草寺初詣 その1 [歳時記]

1月5日(日)の撮影です。
例年、5日か6日に浅草寺に初詣に行っています。
1日は、近くの神社ですが、浅草寺は、近くの神社にはない正月らしい賑やかな飾りが、楽しませてくれます。まあ、ものすごい人ごみは、覚悟しないといけませんがーー。

今回のカメラは、
EOS Kiss X7+EF-S10-22 F3.5-5.6 USM,
EOS 70D+EF-S18-135 F3.5-5.6 IS STM
です。鳥撮影用には、望遠ズームEF70-300F4-5.6 IS USMも持って行っていますが、今回の写真では、使用していません。
たまには、NEX-6 も使おうと、NEX-6+15-50F3.5-5.6 を持っていきました。そして、コンデジDSC-HX30V も持っていきましたが、使わずじまいでした。

雷門前です。35mm 換算16mm の世界は、少し、違いますね。






雷門の前は、相変わらず、記念撮影の人で、ごったがえしています。









続きを読む


タグ:初詣

稲毛浅間神社神楽 [歳時記]

前回、神楽の少しを紹介しました。
ここの神楽は、約500年前に、九州方面から来た当時の神主大越内蔵助(おおこしくらのすけ)が村人に伝授したのが始まりだそうで、昔から旧家の長男に伝承されて来ました。
神楽は12座あります。
今回は、

エビス様の舞です。
えびす様の釣りでは、鯛が釣れるのが普通ですが、ここでは、おカメさんがつれます。
左下におカメさんが出てくるのが見えます。






お面の角度で、おカメさんもかわいらしい仕草になります。







大国主の尊の舞です。




続きを読む