So-net無料ブログ作成

No02 ネパール・ヒマラヤ旅行記_ 羽田からバンコクへ(11月9 日、10日撮影) [ネパール・ヒマラヤ旅行]

0時15分頃、飛行機に乗り込みました。

747-400 です。座席は、円筒形の部分は、3-4-3 の10席配置です。
私と相方の席は、69 列目です。ここは、胴体尾部になり、円錐状の形になっていますので、窓側は、2席です。
座席と胴体の間に、少し、隙間があり、そこに、手元に置きたい荷物が置けます。
夫婦で、2席並びですので、トイレに行くのにも、気楽です。

出発は,00:20 よりも、少し前です。
座席は、ほぼ、満席です。

真夜中の出発ですので、メインディッシュは、到着2時間くらい前に、サービスされる朝食です。飲み物サービスも、ありません。

出発したら、すぐ、眠りました。しばらくして、希望者には、サンドイッチのサービスが、あったようです。
4時間くらい眠ったでしょうか、機内が明るくなり、朝食のサービスをするという放送が、ありました。
和食をお願いしました。

2-02-DSC00532mh




ご飯は、少し、ペちょっとした感じですが、まずくて食べられないと言うことはありません。

2-03-DSC00533mh




747-400 は、恐らく20年以上前の機材でしょう。
座席の後ろの液晶モニターも、古いです。
行きの便は、なんとか、映画の画面を見ることが出来ましたが、帰りの便では、音は、途切れ途切れ、映画の画面も、千切れ千切れで、ひどいものでした。
兎に角、行きの便でも、面白い映画が全くなかったのが幸いで、心置きなく、眠ることに集中できました。

2-04-DSC00539mh


リモコンです。
懐かしいですね。

2-05-DSC00541mh




リモコンの裏側。

2-06-DSC00542mh




バンコクに到着間近です。
到着は、東京時間06:49, バンコク時間04:49 です。

まだ、真っ暗ですね。

2-06x-DSC_6429mh




今回は、プロトレックとリューズで、分単位で時間調整できる腕時計を持ってきました。
ネパールとタイの時差は、1時間15分で、タイの方が進んでいます。

2-07-DSC00543mh




2-08-DSC00544mh




こういう経路で、飛んできました。
この情報は、システムが古くても、便利ですね。

2-09-DSC00546mh




バンコクの空港は、2006年9月30 日に、全面開港した空港です。
2005年以前に、一度バンコクに行っていますが、このときは、別の空港だったはずです。

次のカトマンズ行きの飛行機の出発まで、約5時間あります。

ツアコンさんは、3時間くらい、椅子で、横たわって、休んだ方がいいと言うことで、国内線の人気のいない場所に案内してくれました。
椅子も、横たわっても、顔が見えないように、後ろ向きに、置かれています。

ここで、2-3時間休憩です。

2-10-DSC00550mh




3時間くらい経って、空港内の見物です。

2-11-DSC00551mh




2-12-DSC00556mh




タイらしい建物ですね。

2-13-DSC00558mh




2-14-DSC00562mh




Swatch( スイス製)が、売られています。
前に、ゴルフ用に使っていました。軽くて、いいのですが、すでに、壊れていて、買おうかとも、思いましたが、思いとどまりました。

2-15-DSC00564mh




うな重を売っています。

2-16-DSC00570mh




ランの花も売っています。

2-17-DSC00571mh




2-18-DSC00576mh




柱の回りに、若者が集まっています。
ここは、充電スポットです。
こういうのが、あちこちにあります。

2-19-DSC00591mh




ボーディング時間ちかくなってきましたので、ゲートに向かいます。

2-20-DSC00594mh




2-21-DSC00596mh




カトマンズ往きの飛行機は、777-200ER です。

2-22-DSC00598mh




おまけです。
昨日11月24日、谷津干潟で、アオサギが魚を捕った写真です。

この後、アオサギは、魚を飲み込まず、葦の中に入っていきました。
写真をよく見ると、どうも、魚を、嘴で、突き通しているみたい。
この後、どうしたかは、わかりません。
葦で、魚を一旦、嘴からとって、改めて、飲み込んだのかもしれませんね。
ダイサギは、よく、大きな魚を捕っているのを目撃しますが、アオサギが、魚を捕っているのを、目撃したのは、本当に、久しぶりです。

DSC_9309mh


2025年の大阪万博が、決まりました。
55年ぶりです。
なんとか、それまで、生きて、是非、見に行きたいものですね。





テリーの部屋 Part 1 はこちらです。http://terry658.blog.so-net.ne.jp/


nice!(77)  コメント(15) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 77

コメント 15

旅爺さん

長時間のフライトはお疲れ様でした。この後またフライトでしたね。
タイの空港は爺も行ってますがもう忘れました。
by 旅爺さん (2018-11-26 10:01) 

くまら

国によって空港も様々ですね
でも空港内に寺院の様な建物があるってちょっと異質かも
by くまら (2018-11-26 10:14) 

yakko

こんにちは。
アオサギが魚を咥えているところを見たのは初めてのような〜!(◎_◎;)
by yakko (2018-11-26 12:31) 

kuwachan

今回はビジネスではなくエコノミーを利用されたのですね。
後方の2人掛けの席はいいですよね。
ひとりの時は必ず通路側を希望するのですが
3人掛けではなく2人掛けの方がゆったりする感じがします。
by kuwachan (2018-11-26 12:36) 

テリー

旅爺さん
タイの空港は2006年に新しい空港に変わっていますから、旅爺さんが、行かれた時とは、空港が違うかもしれませんね。

ネパールは、南米や南アフリカと同じくらい、遠い感じでした。

くまら さん
国によって、空港の中のお店の感じが違うのも、面白いですね。

yakkoさん
はい、アオサギが、魚を捕まえる所を、見たのは、本当に、久しぶりです。

kuwachan さん
はい、今回は、エコノミーです。
ビジネス利用だと、恐らく 一人、+40万円、二人で、80万円の追加は、きついです。
80万円あれば、また、別の旅行にも行けますし、あるいは、最新のミラーレスカメラ EOS R の購入も可能です。


by テリー (2018-11-26 15:38) 

okko

空港が見違えるようになりましたね。

アオサギはこうやって、呑み込む前に咀嚼に似た行為をしているんですね。
by okko (2018-11-26 15:53) 

夏炉冬扇

奥様とですか。
仲良しが一番です。
by 夏炉冬扇 (2018-11-26 16:39) 

ma2ma2

ジャンボも機齢がかなり経っていますので古さは否めないですね!
引退間際なので機内エンターテインメントも手入れがされていないのですね(^^)
by ma2ma2 (2018-11-26 18:57) 

テリー

okko さん
空港、新しくなりましたね。

アオサギは、嘴に、魚が突き刺さったようです。
魚を飲みこまずに、葦の中に入っていきました。

夏炉冬扇 さん
はい、老方も是非行きたいと言いましたので、今回は一緒です。

ma2ma2さん
747-400 引退間際で、座席も、エンターテインメントシステムも古いですね。


by テリー (2018-11-26 20:41) 

八犬伝

747懐かしいですね。
昔は、どこの航空会社も747でしたものね。
by 八犬伝 (2018-11-26 21:09) 

OJJ

アオサギが餌を獲っているのは滅多に見ませんね~大きな鮒をくわえて悪戦苦闘なら何回か見たけど。
バンコクの空港でツアーメンバーの一人が寝過ごして大騒ぎしたことを思い出しました。
by OJJ (2018-11-26 21:31) 

テリー

八犬伝 さん
747は、大変沢山売れた飛行機ですね。
どこの航空会社も、747 でしたね。

OJJさん
ここで、乗り換えるとなると、寝過ごしの恐れは、ありますね。
寝過ごしが出て、行方不明になると、ツアコンさんは、大変ですね。

by テリー (2018-11-26 23:57) 

京男

おはようございます。
アオサギ、そういう事態もあるのですね。
口が開けられなくなる可能性もあるということか。
by 京男 (2018-11-27 06:28) 

テリー

京男さん
アオサギも、嘴に、魚が刺さって、びっくりしたかもしれませんね。

by テリー (2018-11-27 11:04) 

Boss365

こんばんは。
トランジットで5時間、長いようで短い?リラックスするには良い時間かな?
バンコクの空港、物凄く広かった記憶あります。
また、ショッピングで、2時間位あっとゆう間に過ぎ去った記憶もあり!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2018-11-27 22:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。