So-net無料ブログ作成

国営ひたち海浜公園 その4 (10月25日撮影) [花]

ひたち海浜公園の最終回です。

この時期、バラも咲いています。

3-18-DSC_0504mh




3-18x-DSC_5408trMH




3-19-DSC_0509mh


3-19x-DSC_5409mh




3-20-DSC_0513mh




3-21-DSC_0516mh




3-22-DSC_0522mh




3-23-DSC_0529mh




3-24-DSC_0534mh




3-25-DSC_0536mh




3-26-DSC_0541mh




3-27-DSC_0544mh




萩の花

3-28-DSC_5233_00001mh




翼のゲート

3-29-DSC_5413mh翼のゲート




この写真を撮影したのは、1時です。

これから、来る人も沢山います。

3-30-DSC_5415mh




見晴らしの丘へ直行するトラムです。

3-31-DSC_5416mh




出口近くに、大きなネモフィラの写真が、ありました。

次回は、ネモフィラに来て下さいと言うことでしょうね。

3-32-DSC_5414mh




この写真は、1時9分に撮影。

駐車場は、満杯です。

3-33-DSC_5417mh




遅くなると、帰りも渋滞しますので、見る物は見ましたので、早めに帰ります。

帰りは、常磐道路から、外環C3に入って、高谷JCTから、東関道に入る予定。

常磐道から。外環に入る道は、短い間なので、気をつけないといけないと聞いていましたが、物の見事に、失敗して、外環の反対方向に入ってしまい、次の出口で、一旦出て、やり直しましたが、結局古いカーナビの指示するとおり、C2 三郷6号線(銀座方面)で、葛西JCT から、東関道に入りました。結局20分遅れという感じでした。

これなら、往きと同じ圏央道を使って、大栄JCTから、東関道に入って、帰った方が、10分以上、早かった感じです。

まあ、常磐道から、外環への入り方も、今回の失敗で、よくわかりました。
失敗して、覚える物ですね。



11月9日夜から、旅行中です。
もし、可能であれば、途中で、向こうの写真をアップしたいと思いますが、無理の可能性が高いです。
11月17日に帰国予定です。
11月17日から、更新を再開します。

皆様の所へは、帰国後、回りたいと思います。

全くの余談ですが、

<余命宣告について>
今日(11月9日)、旅行に出発ですが、朝は、普段通りに7時半に起きて、5時45分からのモーニングサテライトの録画番組を見て、その後は、朝食、そして、ニュースワイドショーを、適当にチャンネルを切り替えて、面白い物があれば、それを見ます。無ければ、BS1 のワールドニュースですが、ニュースワードショーに、面白い話がありました。

余命宣告という話です。

(1)現在71才のある男性、5年前に、身体の調子が悪くなり、顔に腫れ、膨らみをを生じた。
   医者は、成人T細胞白血病(ATL)と診断し、次の誕生日を越えて、生きることは、120%無いと言われた。誕生日が1月で、診断が、2月なので、余命11ヶ月と思い、50万円の月収があった建築関係の事務所をたたみ、遺書を書き、貯金も処分し、ホスピスに入ったが、その後、身体の調子が良くなり、ホスピスを出て、アパートに移り、5年経って、未だに生きているが、月額11万円の年金だけなので、生活が、きわめて苦しい。成人T細胞白血病の診断もおかしかったのでは、と疑い始めている。

(2)78才の女性が、乳がんにかかり、医者から、すこしづつ、良くなっていると言われていたのに、2ヶ月後死亡。
   実際は、乳がんの末期で、手遅れの状態だったが、励ますために、そういう言葉を使ったという。家族は、もし、余命2ケ月とわかっていたら、もっと、やりたいことをやらせて、あげたかったと、3800万円の損害賠償の請求訴訟を起こしている。


(1)のケース、私が、後11ヶ月の余命と言われたら、きっと、誤診ではと思って、成人T細胞白血病(ATL)の分野で日本で一番信頼が置ける医者に、再度診断してもらうでしょうね。
(1)のケースの医者は、成人T細胞白血病の患者を診たのは、実は、初めてだったという話もあるようです。

番組では、例えば余命1年と言われても、それは、死ぬ時期の中央値で、例えば、100人患者がいたら、50番目、51番目に死んだ時期を平均した値で、実際は、数ヶ月で死ぬ人、3年以上生きる人、10年近く生きる人もいると、言っていました。

(1)の例の医者は、成人T細胞白血病についても、あまり、よく知らず、また、余命についての知識も無かったように思えます。

ただ、余命宣告を受けることって、あり得ます。言われたときの心構えだけは、しておきたいですね。
(2)のケースで、家族にも、正確な病状の説明をしないというのが、信じられませんが、やってなかったら、告訴物なんでしょうね。


テリーの部屋 Part 1 はこちらです。http://terry658.blog.so-net.ne.jp/




nice!(73)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 73

コメント 12

斗夢

(1)は見ました、(2)は見ていません。
男性はやりきれない思いでしょう、怒りをどこにぶっつければいいか。
by 斗夢 (2018-11-11 06:19) 

京男

おはようございます。
余命宣告・・・難しい問題ですね。一人の医者だけでなく、複数チェックする必要がありますね。人の生命は、簡単にわからないものですよね。医者の神ではないですから。
by 京男 (2018-11-11 06:45) 

夏炉冬扇

余命宣告ですか。
聞きたくありませんね。
by 夏炉冬扇 (2018-11-11 07:37) 

okko

秋のバラは、やはりどこか寂しいそう。名残りを惜しむような・・

余命宣告の話は、ワタシも別の番組でみたように思います。
それとは別に、日本の法律では、余命が分かっていても、何とか延ばそうとあらゆる処置をとることになってますね。

前に書いたかもしれませんが、父、医師に食を細くして自然死させて貰いたい、希望通りにして下さって、鳥のすり餌みたいなものを口から飲みこんで、就寝中に希望通りに自然死、103才でした。

意識がハッキリしているうちに、自分の死と立ち向かって、希望する処置をとる、そんな法律が出来るといいですね。

お気をつけて、お帰りをお待ちしています。


by okko (2018-11-11 16:54) 

ma2ma2

海外旅行に行かれているのですね!
今度はどこだろう(^^)
by ma2ma2 (2018-11-11 17:55) 

kuwachan

秋のバラも綺麗ですね。
ご旅行楽しんでいらっしゃいますか?
お写真、楽しみにしています。
by kuwachan (2018-11-12 10:49) 

足立sunny

自分は、急性肝炎を発症した際に「きょうであなたは死にます。ご家族、親類に知らせて、その準備をするように」とお医者様に告げられましたが、死にませんでした。あとで当日の肝臓等数値を確認しましたら、肝臓ガンの末期状態の数値よりも数段悪い数値で肝臓はほぼ機能不全で、これではお医者様がさじを投げるのもやむを得ないと思いました。
しかし、白血病診断ですべてを投げ出してしまった方は、今生きているといっても、くやんでもくやみききれないでしょうね。
今度のご旅行は、さらにダイナミックなお話で満ちてそうですね。
by 足立sunny (2018-11-12 23:08) 

テリー

皆さま、御来訪、ありがとうございます。3880mの標高にあるエベレストビューホテルで2泊
して今、カトマンズに
戻る途中です。朝8時出発予定のルクラからカトマンズへの飛行機が視界不良で飛んでいないため、ヘリコプターを
チャーターして、カトマンズに戻る予定。
素晴らしいエベレストの写真をアップしたいのですが、パソコンを持って来ていませんので、無理の模様。Facebookに数枚、アップしました。
by テリー (2018-11-14 16:00) 

koh925

富士山より、標高が高い場所のホテルなんですね
帰国されてからの、記事を楽しみににしています(^^
by koh925 (2018-11-14 17:17) 

viviane

ご旅行中!?ペルー!?ですか!?
どうぞ、blogは気にせずご旅行を満喫されて下さい!!
by viviane (2018-11-14 22:28) 

たいへー

日が当たるとまだまだ暖かいですからねぇ。
でも、夕飯は鍋が美味しくなってきました。
by たいへー (2018-11-16 08:02) 

テリー

足立sunnyさん
ネパールは、とても、普通の日本人には生活できません。
何年か前に、日本のODA で、交通信号機をつけていますが、電力不足の計画停電が、長く続き、交通信号機は、使われなくなりました。
交通ラッシュ時には、狭い道から、広い道、交通量の多い道に入るときは、決死の覚悟で、突っ込んでいかないといけません。
さらに、小さなお店の多い場所では、バイクや、車が、すごいスピードで、前や後ろから、人間すれすれに、走ってきますから、本当に怖いです。

koh925 さん
3880m なんて、高山病はたいしたことはにと思いましたが、相方は、10歩いたら、しばらく、お休みという歩き方で、私も、相方も酸素吸入のお世話になりました。


viviane さん
ルクラから、カトマンズへの飛行機がストップして、ヘリコプターをチャーターしましたが、ヘリコプターを、待っている間、150円で、wifi が、利用できましたので
時間つぶしに、blog 回りを、していました。

たいへーさん
血圧を下げるために、脈拍を下げる薬も、飲んでいるせいか、部屋の温度が、22度以下になると、手の指が、冷たくなって、痛みが出てきます。
今回の旅行も寝ている間に、凍死しそうでした。


by テリー (2018-11-17 22:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。