So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

山陰旅行 その11 足立美術館(5/23 撮影) [山陰旅行]

ホーランエンヤ還御祭を先に、アップしましたが、この記事は、中日祭が終わった翌日です。
還御祭まで、3日間観光が出来るわけです。

まづは、このブログでも、時々記事にされている足立美術館です。

足立美術館をご存じない人のために、ネット情報を、入れておきます。

地元出身の実業家・足立全康(あだちぜんこう、1899年 - 1990年)が1970年(昭和45年)、71歳のときに開館したものである。質量ともに日本一として知られる大観の作品は総数130点にのぼり、足立コレクションの柱となっている。大観のほかにも、竹内栖鳳、橋本関雪、川合玉堂、上村松園ら近代日本画壇の巨匠たちの作品のほか、北大路魯山人、河井寛次郎の陶芸、林義雄、鈴木寿雄らの童画、平櫛田中の木彫なども収蔵している。 そして、足立美術館のもう一つの特色は、その広大な日本庭園である。庭園は「枯山水庭」「白砂青松庭」「苔庭」「池庭」など6つに分かれ、面積5万坪に及ぶ。全康自らが、全国を歩いて庭石や松の木などを捜してきたという。 米国の日本庭園専門雑誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』が行っている日本庭園ランキング(Shiosai Ranking)では、初回の2003年から2018年まで、16年連続で庭園日本一に選出されている。

展示品の撮影は禁止されていますが、庭園は、撮影OKです。

(1) 足立美術館入り口です。
11-01-4W2A1602mh




(2) 地元のテレビ局が、撮影に来ています。
11-02-4W2A1603mh




(3) 山を借景にしています。
11-03-4W2A1612mh


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

堀切菖蒲園 その2(6月12日撮影) [花]

堀切菖蒲園の続きです。

この日は、1時過ぎまで、曇っていて、お花も元気でしたが、2時を過ぎた頃から、太陽が出てきました。菖蒲は、曇っている時に撮影するのが、いいですね。
今回のお花は、まだ、曇っている間に、撮影した写真です。

(1)
2-01-AT2A4560mh




(2)
2-02-AT2A4561mh




(3)
2-03-AT2A4562mh


続きを読む


nice!(52)  コメント(9) 

山陰旅行 その10 ホーランエンヤ還御祭 その4 (5/26 撮影) [山陰旅行]

(1)新大橋と大橋の間での踊りを終えて、大海崎櫂伝馬船が、大橋の下をくぐり抜けようとしています。
10-01IMG_7557大海崎mh




(2)福富の櫂伝馬船です。
10-02-IMG_7563福富mh




(3)大井の櫂伝馬船です。
10-03-IMG_7567大井mh


続きを読む


nice!(58)  コメント(8) 

山陰旅行 その9 ホーランエンヤ還御祭 その3 (5/26 撮影) [山陰旅行]

大海崎、福富、大井の各櫂伝馬船の踊りを紹介してきました。
今回は、残りの矢田、馬潟櫂伝馬船を紹介します。

(1) まずは、矢田櫂伝馬船です。他の地区の櫂伝馬船は金色の玉のついている柱は、1本ですが、ここの櫂伝馬船は、2本あります。
9-01-IMG_7513mh




(2)
9-02-IMG_7438矢田mh




(2L)
9-02l-4W2A3991yadaMH


続きを読む


nice!(55)  コメント(7) 

堀切菖蒲園 その1(6月12日撮影) [花]

ホーランエンヤ還御祭の記事、あと2回分残っていますが、こちらを先に、アップします。

堀切菖蒲園の菖蒲祭りも、今週末までです。
少し、遅いだろうと思いましたが、思い切って、出かけてきました。

(1) ゲートです。
2019年に行ったという証拠写真ですね。
ここも、毎年、変わってきていますね。
1-01-AT2A4531mh




(2) ガイドさんが行っているのが聞こえました。花の真ん中に黄色があるのは、花菖蒲だそうです。
1-02-AT2A4535mh




(3)
1-03-AT2A4537mh


続きを読む


nice!(57)  コメント(7) 

山陰旅行 その8 ホーランエンヤ還御祭 その2 (5/26 撮影) [山陰旅行]


(1) ここからは、福富櫂伝馬船の踊りです。
前回は、大海崎櫂伝馬船の踊りを紹介しましたが、地区によって、踊りは、少しづつ違っています。
8-01-4W2A3131福富mh




(2)
8-02-IMG_7488mh福富




(3)
8-03-4W2A3137福富mh


続きを読む


nice!(54)  コメント(9) 

山陰旅行 その7 ホーランエンヤ還御祭 その1 (5/26 撮影) [山陰旅行]

山陰旅行記は、やはり、関心の高い、ホーランエンヤの還御祭を先に、します。

5/23, 5/24, 5/25 の話は、後にします。

5/25は、翌日、松江北高の同窓会があると言うことで、何人か、松江に里帰りしていて、前日に、同窓の女性がやっている喫茶店での集まりがあり、その後、蓬莱荘で、ミニ同窓会が行われました。17人が、集まりました。

その時、幹事役の人から、5/18 の渡御祭での撮影ポイントでの混雑振りを聞いたら、朝、8時で、大橋の上は、三脚が、一杯並んでいたとのこと。
報道では、14万人の人が、見に来たとありました。

10年前は、新大橋の上で、狙いましたが、前夜から、三脚を橋にくくりつけて、場所取りをしていて、なかなか、いい場所では、撮影出来ませんでした。
今回は、三脚や物をおいて、場所取りをしていたら、撤去しますという慶事があり、さすがに、前夜から、場所取りをしている人は、いませんでした。

5/25 の午前中、ホテルから、新大橋、大橋川沿い、大橋と歩いて、トイレの位置を確認し、カメラアングルを確認して、ベストポジションは、大橋の上と決めて、出来るだけ早く、そこに行くことにしました。
ホテルの朝食は、6時半からですが、朝食は、待っていられません。5時に起きて、準備をして、ローソンによって、朝食用、昼食用にサンドイッチ2つと、お握り2個、500ml の水を購入して、大橋に向かいました。大橋には、5時50分くらいには、到着しました。
カメラは、EOS 7D MK2+EF100-400F4.5-5.6L IS Ⅱ USM, EOS 70D+EF-S18-135F3.5-5.6 IS USM, ビデオカメラHDR-CX390, コンデジDSC-RX100M6 です。
コンデジ、DSC-RX100M6 は、夜間、充電していて、持って行くのを、忘れて、場所取りをして、周囲の人達と、仲良くなってから、取りに、戻りました。(結局、使いませんでしたが、――)
私の撮影ポイントは、下図の松江大橋の赤のX付近です。
還御祭地図




(1)12:20 開始予定のきにびき大橋と新大橋の間での櫂伝馬踊りが、始まりました。
やや遅れ気味です。
大海崎櫂伝馬船です。
7-01-4W2A2808mh大海崎





(2)福富櫂伝馬船が見えます。
7-02-4W2A2811mh


(3)馬潟櫂伝馬船です。
7-03-W2A2831mhまかた


続きを読む


nice!(51)  コメント(8) 

山陰旅行 その6 ホーランエンヤ中日祭 その5 (5/22 撮影) [山陰旅行]

馬潟の陸船行列の後ろについて、阿太加夜神社まで行きましたが、船が着いたのが、神社の右端で、神社の位置が、よく、わからないままに、トイレに行き、神社に入ったのは、かなり、遅れていました。すでに、幾つかの地区の踊りの奉納は、終わっていました。
しかも、ものすごい混み方です。

(1)福富櫂伝馬船踊り
6-01-DSC01963福富mh




(2)福富櫂伝馬船の踊り
6-02-福富DSC01974mh




(3)大井櫂伝馬船の剣櫂踊りの人
踊りの途中で、倒れた人がいて、救急車が呼ばれ、病院へ、タンカで、運ばれてゆくまで、暫く、踊りは、中断でした。
6-03-4W2A1202大井mh


続きを読む


nice!(62)  コメント(9) 

山陰旅行 その5 ホーランエンヤ中日祭 その4 (5/22 撮影) [山陰旅行]

いよいよ、陸船行列の始まりです。

川の上の船での踊りは、橋から見ると、踊りを上から見る感じになりますが、陸船は、下から上に見る感じとなること、船よりも距離的に短いので、これも、面白いです。

(1) 大海崎の陸船行列です。
5-01-DSC01896大海崎mh




(2)
5-02-DSC01899大海崎mh




(3)
5-03-DSC01903大海崎mh


続きを読む


nice!(60)  コメント(6) 

山陰旅行 その4 ホーランエンヤ中日祭 その3 (5/22 撮影) [山陰旅行]

午前中の部の櫂伝馬船での踊りは、終わりました。
これから、1時間昼食休憩の後、阿太加夜神社まで、陸船の上で、踊りながら、行きます。

(1) 大海崎櫂伝馬船の剣櫂踊りの人たちです。
4-01-4W2A0771大海崎mh




(2) 大海崎櫂伝馬船の采振りの人たちです。
4-02-4W2A0816大海崎采振り




(3) 後ろの二人は、太鼓打ちのようです。
4-03-4W2A0823mh


続きを読む


nice!(57)  コメント(7) 
前の10件 | -