So-net無料ブログ作成
検索選択
エジプト旅行 ブログトップ
前の10件 | -

エジプト旅行記No18 カイロからルクソールへ(2月18日撮影) [エジプト旅行]

旅行4日目です。朝4時に朝食、朝5時にホテルを出て、バスで、カイロ空港に向かいます。
カイロから、ルクソールへ飛行機で、1時間10分。
ルクソールは、新王国時代に、テーベと呼ばれて、首都として栄えました。
歴代のファラオが競って、美しい建造物を造りましたので、沢山の遺跡があります。
普通は、ルクソール西岸、東岸は、それぞれ1日かけて、観光しますが、ルクソールからアスワンへ乗船する予定の豪華クルーズ船が、エジプト観光省に召し上げられたために、代替のクルーズ船の関係で、西岸の観光と、東岸の観光が一日となりました。
やっぱり、アブシンベル大神殿光の奇跡の2月22日を捨てるべきだったかもしれません。
まあ、100%の満足度は、ツアー-、団体旅行である以上は、難しいかもしれません。

暗い中、バスで、空港に行く動画は、こちらです。
空港に行く途中の道でナイトクラブが幾つかあり、夜の11時から、朝7時まで、オープンしているとのこと。

https://youtu.be/ctord-Up3MA



カイロ空港からの国内線の出発予定です。
ほとんどが、エジプト航空ですが、一つだけ、南アフリカ航空があります。
我々の便は、朝7時出発ルクソール行きです。

1-01-DSC04104




出発ゲートです。

1-01x-DSC04105




1-02-DSC04106


続きを読む


エジプト旅行記No17 食事編(2月17日、18日撮影) [エジプト旅行]

ツアー3日目、ギザのピラミッドやスフィンクスを観光し、ホテルに戻り(午後3時50分頃)、3時間くらい、ゆっくりして、夕食です。
このツアーのモットーとしては、ホテルには、早めに入り、ゆっくり、お風呂に入ったり、ホテル内を散歩したりして、あるいは、休息をしてから、夕食というものです。
ツアー2日目、3日目は、このモットーに合っています。
食事は、7時からと言うことですが、早めに集まりましたので、6時50分頃から、スタートです。
夕食は、インド料理です。

1-01-DSC04098mh




1-01x-DSC04100mh




まずは、赤ワインです。

1-02-DSC04082mh


続きを読む


エジプト旅行記No16 スフィンクス見物(2月17日撮影) [エジプト旅行]

ツアー3日目の最後の観光は、スフィンクス見物です。
人間の頭部に、ライオンの胴体をもつモンスターは、旅人に謎々を出して、次々と食い殺していったという伝説があります。
全長は、73.5m、全高は、20m、全幅は6m で、頭部以外は、この場所にあった一枚岩を削って、造られている。頭部は、別の場所から運ばれてきた硬質石灰岩で造られている。一枚岩の彫像としては、世界最大だそうです。
窪地を造るために切り出された石材は、スフィンクスの傍の神殿を造るために使われている。
ネットで調べると、カフラー王のために、すなわち紀元前2500年頃造られたというのが、一般的のようですが、中には、紀元前7000から5000年という説もあります。
その根拠は、スフィンクスに水の浸食の跡があり、上部ほど大きいので、エジプトに大規模な雨期があった時期は、紀元前5000年頃ということのようです。まあ、スフィンクスの頭は、ファラオのように、頭巾をつけていますから、この説は、おかしいのでしょうね。
現存するカフラー王の像と余り似ていないので、クフ王によって、建設されたという説や年代測定の結果、カフラー王の時代より、数百年過去に(クフ王のピラミッド建設前に)遡ると言う説もあるようです。
また、ギリシア神話でのスピンクスは、ライオンの神体、美しい人間の女性の顔と乳房のある胸、鷲の翼をもつ怪物です。
形は変わっても、色々な場所に、スフィンクスというモンスター伝説があるというのも、面白いですね。

動画は、こちらです。

https://youtu.be/b0q_zjJR-cY




1-00l-IMG_0442mh




IMG_0444amh




1-01-4W2A0379




1-02-4W2A0381


続きを読む


エジプト旅行記No15 太陽の船博物館見物(2月17日撮影) [エジプト旅行]

三大ピラミッド展望ポイントから、太陽の船博物館に移動します。
その時の動画は、こちらです。

https://youtu.be/9BvRvN00CQI




太陽の船博物館近くの駐車場に到着し、歩いて、博物館に向かいます。
まずは、動画をどうぞ。

https://youtu.be/kapf2bLyaHM




博物館の建物を、しっかり撮るのを忘れていました。
クフ王のピラミッドの横にユニークな形の博物館があります。
下の写真の右が、クフ王のピラミッドで、左に、博物館の一部が写っています。

1-01-IMG_0416mh




博物館の位置は、こちらです。



幸い、相方が、博物館を撮影していましたので、借用します。
この旅行では、相方にもデジイチEOS 70D+Sigma 18-250 F3.5-6.3 を使ってもらっています。

1-01x-IMG_4076mh


続きを読む


エジプト旅行記No14 ギザ・ピラミッド観光(2月17日撮影) [エジプト旅行]

クフ王のピラミッドの中に独占的には入れる時間は、12:00-13:00 ですので、昼食後、急いで、ギザのピラミッドに向かいます。
クフ王のピラミッドは、紀元前2560年頃から、20年かけて造られたと言われています。(諸説あるようです。)
クフ王のピラミッドは、底辺230.37m、現在の高さ138.74m (元の高さは、146.59m) 、勾配51度50分40、容積235.2万㎥ で、平均2.5t の石灰岩を約270万―280万個積み上げたと言われています。

1-01-4W2A0331




1-02-4W2A0332




ピラミッドの近くに、マクドナルドが、ありますね。
これが、ピラミッドの前に、あると言うマクドナルドでしょうか。
ピラミッドの前に、マグドナルドがあるのは、おかしいと批判されている方が、いましたが、――。
歴史的な観光地から、マクドナルドやコカコーラをなくせと言われても、無理と思いますが、――。

1-03-4W2A0333


続きを読む


エジプト旅行記No13 昼食(2月17日撮影) [エジプト旅行]

階段ピラミッドから、昼食のために、レストランへ移動します。
途中、イムホテプ博物館に寄ります。

12時から1時まで、クフ王のピラミッドの玄室と地下の間に我々のツアーだけが独占的に、立ち入ることが許可されていると言うことで、イムホテプ博物館、昼食は、少し、急がされました。

階段ピラミッドから、昼食のレストランへのバス移動は、まず、動画をご覧ください。

https://youtu.be/cH1oD8t8vuc



途中で、イムホテプ博物館に寄っていますが、写真は、ありません。

これがレストランです。

1-01-4W2A0320




1-02-4W2A0321




カマドで、ナンを焼いているのに感激して、ナンの方に、ピントを合わせましたが、左側の人物にピントを合わせた方が、よかったですね。
相方が、コンデジで、撮影していましたので、私の写真は、削除して、相方の写真を借用します。

DSC03330mh


続きを読む


エジプト旅行記No12 階段のピラミッド観光(2月17日撮影) [エジプト旅行]

屈折のピラミッド、赤のピラミッドから、バスで、階段ピラミッドにバスで移動します。

階段ピラミッドは、エジプト最古のピラミッドで、紀元前27世紀第3王朝の第2代王のジョゼルがイムホテブに、造らせた。
それまでの墓は、一層の方形の形をしていたが、ジョゼル王の墓は、6層の階段状のピラミッドになっている。
第3代から第5代の王の墓も、階段状のピラミッドであるが、崩れている。

階段ピラミッドは、時計型GPSのログをGoogle Map で、表示するとこんな感じ。
↓下記図の上の方にギザがある。

1-00-階段ピラミッドの位置r1






屈折のピラミッドから、階段のピラミッドへのバス移動は、動画で、ご覧ください。

https://youtu.be/JLjkfaDXfQ4




1-01-4W2A0291


続きを読む


エジプト旅行記No11 赤のピラミッド、屈折のピラミッド観光(2月17日撮影) [エジプト旅行]

前回は、こちらです。
 http://terry658-2.blog.so-net.ne.jp/2017-05-05

ツアー3日目、エジプトでの観光2日目です。
ホテル・メナハウスから、36km 離れた赤のピラミッド、屈折のピラミッドへ、バスで移動し、観光します。

まずは、動画でどうぞ。
エジプトの国土の95%が、砂漠だそうです。残りの5%が、ナイル川沿いの農耕地その他です。
この日は、金曜日ですが、エジプトでは、お休みです。そのため、午前中は、道路ががらがらですが、午後は、外に出てくるために、道が混むとのこと。


https://youtu.be/S7oaYe6YPNk



途中、ナイル川から引いた灌漑用の水路にゴミを捨ていて、極めて汚い。
今は、気温が低いので、それほど、蚊の発生は、ないでしょうが、これから、暑くなってくると、蚊の発生がひどいと思われます。
蚊で、デング熱とかマラリアとジカ熱とか、怖い病気が色々あり、気をつけないといけませんね。
黄熱病も、蚊を媒体にしますが、ウィキペディアでは、今のところ、感染の可能性のある国には、入っていないようです。
バスからの光景です。

1-01-4W2A0258




1-02-4W2A0259




1-03-4W2A0260


続きを読む


エジプト旅行記No10 ギザのメナハウスでの夕食、朝食(2月16日、17日撮影) [エジプト旅行]

旅行2日目、エジプトでの観光1日目は、ホテルに、2時半頃、入り、夕食は、午後6時頃でした。
ホテルに入って、お風呂に入る時間がありました。
ツアー旅行は、ホテルに入って、すぐ食事だとか、せわしいのが、ありますが、このツアーはその点、よかったです。
次の日からの観光は、関西空港発の13名と合流します。
ホテルの銀行に行ったら、沢山の日本人が、日本円から、エジプト・ポンドに、交換しようと、並んでいました。
私は、カイロ空港の両替屋で、6000円ばかり、エジプトポンドに両替していましたが、チップ用の小銭が、無かったので、それを変えてもらおうと思っていたのですが、関空組は、それをしなかったようです。
銀行の人は、5時から、お祈りに行きたいと言って、銀行を、しばらく、お休みにしたいと言っていました。関空からのツアコンさんが、なんとか、頼み込んでいましたが、無理だったようです。こういうこともあるから、空港で、やるべきだったのでしょうね。

メナハウスの場所は、ここです。

1-0-menahausu






飲み物は、ビールと白ワイン

1-01-SC04030mh




1-02-DSC04032mh




1-03-DSC04031mh


続きを読む


エジプト旅行記No09 オールド・カイロ地区からバス移動・パピルス紙製作実演(2月16日撮影) [エジプト旅行]

オールド・カイロ地区から、ギザ、メナハウス近くのパピルス店に行くために、バスで移動です。
途中、高速道路に乗りますが、高速道路の両脇に、ゴミが捨ててあり、びっくりしました。

途中の建設途中の建物にもびっくりさせられます。
建物は、その人の財布に応じて、半年から30年かけて、建てるそうです。
それい、建物の柱、壁の薄さにも驚かされます。少し大きな地震が来たら、すぐに、崩壊します。

オールド・カイロ地区から、ギザのホテル、メナハウス近くのパピルス店までのバス移動の動画をご覧ください。

https://youtu.be/RLpiFUU4NDI



車は、カイロに200万台位走っており、レーンも守らずに、走る車が多いので、事故が多く、新車、古い車、いづれにも、擦った跡がある車が多いとのこと。

1-01-4W2A0240




1-02-4W2A0241




1-03-4W2A0242


続きを読む


前の10件 | - エジプト旅行 ブログトップ