So-net無料ブログ作成
エジプト旅行 ブログトップ
前の10件 | -

エジプト旅行No47 アブシンベル神殿見物 その2(2月21日撮影) [エジプト旅行]

前回の続きです。
現地で、購入したDVDに入っていたアブシンベル大神殿の内部の写真です。
これは、大列柱室の写真です。

1-26-great (38)




1-27-great (39)




1-28-great (44)


続きを読む


nice!(62)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エジプト旅行No46 アブシンベル神殿見物 その1(2月21日撮影) [エジプト旅行]

アブシンベル神殿は、アスワンの南280Kmの場所にあります。
大神殿と小神殿からなり、新王国時代大19王朝のラムセス2世が、建造しました。
大神殿は、太陽神ラーを、小神殿は、ハトホル女神を祭神としています。また、小神殿は、最愛の王妃ネフェルタリのために、造られました。

建設後、長い間、砂に埋もれていましたが、1813年に小壁の一部が発見され、1817年に出入り口が発見されました。

1960年代、ナイル川にアスワンハイダムを建設する計画で、水没の危機にあったが、ユネスコにより、国際的な救済活動が行われました。1964年から1968年の間に、正確に分割されて約70m上方、ナイル川から210m 離れた丘へ、コンクリート製のドームを基盤とする形で、移築されました。
現在は、アスワンハイダムの建設によってできた人造湖のナセル湖のほとりに、たたずんでいます。
この神殿は、年2回、奥の部屋(至聖所)においてある4隊の彫像のうち、冥界神であるプタハを除いた3体を明るく照らすようになっている。本来は、ラムセス2世が生まれた日(2月21日)と王に即位した日(10月21日)にこの現象が起きます。
移設によって、1日づれて、2月22日、10月22日になっています。

昼食のレストランから、アブシンベル宮殿まで、バスで、移動です。

1-0-アブシンベル神殿へr1




まずは、動画でどうぞ。

https://youtu.be/2QFIjEPzAcw




昼食レストランを出発です。

1-01-4W2A1699mh




この近くに、こんな木がありました。
葉っぱは、ネムノキのようです。

1-02-4W2A1700mh




ナセル湖湖畔に、顔の彫像があります。

1-03-4W2A1702mh


続きを読む


nice!(54)  コメント(15) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エジプト旅行No45 アブシンベル空港から昼食のレストランへ(食事編)(2月21日撮影) [エジプト旅行]

昼食のレストランは、ヌビアン・ハウス

昼食の場所は、ここです。

1-0-昼食レストラン位置mh




Google Map では、





アブシンベル空港から、昼食レストランまでは、動画で、まず、ご覧ください。

https://youtu.be/oZWUGfI92Wc




1-01-4W2A1691


続きを読む


nice!(60)  コメント(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エジプト旅行No44 イシス神殿への船着き場からアブシンベルへ(2月21日撮影) [エジプト旅行]

久しぶりに、今年2月のエジプト旅行記に戻ります。

前回の記事は、2017年8月17日にアップロードしたイシス神殿の記事でした。

それは、こちらです。

 http://terry658-2.blog.so-net.ne.jp/2017-08-16


イシス神殿から、船で、アスワンに戻り、その船着き場から、アスワンの空港へ、バスで、向かいます。

その動画は、こちらです。

https://youtu.be/M2mf4hbsygE




アスワンローダムを渡ります。
アスワンローダムは、1901 年に造られました。
これだけでは、ナイル川の氾濫を防げないと言うことで、6km上流に、1970年に、アスワンハイダムが、造られました。ナイル川の氾濫がなくなった代わりに、農地の表土に塩類(炭酸ナトリウム)が溜まるようになり、これを洗い流すために、今までの数倍、水を流す必要が出てきたこと、また、氾濫で、上流の費用区な土が運ばれていたのが、ストップしたために、農地が、やせてきた。肥料を施せば、いいのだが、それには、コストがかかるようになったそうです。

1-01-4W2A1649mh




1-02-4W2A1651mh


続きを読む


nice!(63)  コメント(15) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エジプト旅行No43 イシス神殿見物その3(2月21日撮影) [エジプト旅行]

イシス神殿その3(最終回)です。
今回は、建物の背面に描かれているレリーフなどを紹介します。

1-43-4W2A1615mh




1-44-4W2A1616mh




特に説明がありませんでしたので、Net で、調べて見たら、
真ん中の柱に描かれているのはBESS で、魔除け、護符のようです。

1-45-4W2A1617mh


続きを読む


nice!(60)  コメント(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エジプト旅行No42 イシス神殿見物その2(2月21日撮影) [エジプト旅行]

イシス神殿見物その2(全3回)です。

イシス神殿の説明は、前回しましたが、

イシス神殿は、フィラエ島にありました。

フィラエ島は、古代エジプトでは、聖なる島とされていました。
当時の神話では、この島は、オリシスの島であり、イシス神が、ホルス神を生んだ島でした。イシス神殿の至聖所には、そのシーンを描いたレリーフがあります。

550年東ローマ帝国のユスティニアヌス1世により、イシス神殿は、閉鎖され、その後4つのキリスト教会として再利用されました。

1-22-4W2A1583mh




レリーフには、細断した跡が残っています。レリーフの元の図柄をそれほど、傷めずに、切断し、別の島に、運び、また、組み立て直したというのは、すごいものですね。

1-23-4W2A1584mh




柱の右に十字架が刻まれています。
キリスト教徒が、後で、刻み直したのでしょう。

1-24-4W2A1585mh


続きを読む


nice!(58)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エジプト旅行No41 イシス神殿見物その1(2月21日撮影) [エジプト旅行]

前日、クルーズ船は、目的地アスワンに到着しました。

午前中は、アスワン観光です。
昼頃、飛行機で、アブシンベルに向かいます。

個人旅行だと、こういう計画は、たてないだろうという気がします。

朝食を食べてから、アスワン観光、この日は、イシス神殿の観光です。

朝食は、後日纏めて、アップします。

イシス神殿は、フィラエ島にありました。

フィラエ島は、古代エジプトでは、聖なる島とされていました。
当時の神話では、この島は、オリシスの島であり、イシス神が、ホルス神を生んだ島でした。イシス神殿の至聖所には、そのシーンを描いたレリーフがあります。

550年東ローマ帝国のユスティニアヌス1世により、イシス神殿は、閉鎖され、その後4つのキリスト教会として再利用されました。

アスワンダムの建設により半水没状態にあったが、アスワン・ハイ・ダム建設の機にユネスコにより、1980年にフィラエ島からアギルキア島に移築、保存されることになりました。現在は、アギルキア島をフィラエ島と呼んでいます。

まずは、動画をご覧ください。

https://youtu.be/qc6C151Q5U0



写真は、沢山ありますので、三回に分けて、掲載します。

フィラエ島に行く船の乗り場です。

両側に、土産物を拡げています。

1-01-4W2A1535mh




きれいな石でできたピラミッドのようです。
見たら、つい欲しくなり、買う羽目になり、買って帰っても、この種のものは、沢山あって、飾る場所も無いので、結局、捨てる羽目になりますので、見ません。

1-02-4W2A1533mh




こちらは、ガラス細工のようです。
持って帰るのが大変です。
それでも、相方は、最終日に、小さなガラスでできたランプを買ってかえりましたが、――。

1-03-4W2A1534trmh




1-04-4W2A1536mh


続きを読む


nice!(49)  コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エジプト旅行No40 ベリーダンスとスーフィーダンス(2月20日撮影) [エジプト旅行]

クルーズ船での最後の夜は、ベリーダンスでした。

最初の予定では、2月18日に、やる予定でしたが、カイロからの移動、ルクソールでの2日分の見物と、大忙しでしたので、この夜は止めて、アスワンの夜に、延ばしていたものです。

まずは、動画で、ご覧ください。

その1です。
https://youtu.be/wiIMa1aFx6k




その2です。

https://youtu.be/4QKQ97_0e-c




エジプトのベリーダンサーは、肉付きがいい人が、好まれると言うことでしたが、まさに、そういう感じの人でした。

1-01-4W2A1360mh




1-02-4W2A1361mh




1-03-4W2A1362mh


続きを読む


nice!(53)  コメント(24) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エジプト旅行No39 ;2月20日の食事 [エジプト旅行]

エジプト旅行6日目の食事を纏めて掲載します。
この日は、朝食前に、コム・オンボ神殿の観光をしています。

観光が終わってから、朝食です。
旅も、丁度半ばですので、油断をして、生ものを食べて、食あたりをするのは、禁物です。
原則、火を通してあるもの、果物は、皮を被ってるものを食べるのが原則です。

1-01-DSC04371




オレンジジュース

1-02-DSC04372




コーヒー

1-03-DSC04373




オムレツ

1-04-DSC04374


続きを読む


nice!(55)  コメント(15) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

エジプト旅行記No38 ファルーカ(帆かけ船)(2月20日撮影) [エジプト旅行]

エジプト旅行記に、戻ります。

オベリスク採掘場を見物した後、お土産物屋により、そして、アスワン観光のこの日の最後は、ファルーカ(帆かけ船)に乗って、船からのアスワンの眺めを楽しむということです。

まずは、動画で、ご覧ください。

https://youtu.be/bcp4_Incfq4




ナイル川。
帆掛け船の船着き場に、おりて行きます。

1-01-4W2A1312




1-02-4W2A1313




これが、我々が乗るファルーカ。

1-03-4W2A1316


続きを読む


nice!(56)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - エジプト旅行 ブログトップ