So-net無料ブログ作成
検索選択
新製品 ブログトップ

液晶保護ガラス紹介 [新製品]

今回は、少し、役立つかもしれない情報です。

デジタルカメラには、一眼レフにせよ、コンデジにせよ、後ろの面に、液晶のモニター
普通付いています。


そして、傷が付くのを防ぐために、保護フィルムを貼って、おられる方が、多いと思います。
傷つきにくいと、うたってあっても、保護フィルムは、使っている内に、すぐ疵が付いてしまいます。

今回は、保護ガラス製というのを紹介します。
きっかけは、鳥撮影で、EOS 1D MK4 とコンデジ SX50HS をもって撮影に行き、
家に帰って、パソコンに写すときに、二つのカメラをラフに、紐をもって、ぶらぶらさせて、持ち歩いたら、がつんと、音がして、EOS 1 D MK4 の液晶モニターに疵がついて、しまいました。もちろん保護シートは、貼ってありましたが、だめでした。
疵の場所が、液晶モニターの片隅ですので、支障は無いのですが、今後、こういうことが無いように、破損防止はできないか、調べてみました。

それで、硬度9Hの保護ガラス製というのが発売されていました。

今度、海外旅行に、持っていくかもしれないEOS 5D MK3, EOS 7D MK2, EOS Kiss X7 用の保護ガラスを早速購入しました。

保護ガラスは、Kenko と、坂本ラヂヲの2社から出ていました。

Kenko のが、2100円位、坂本ラヂヲのが、2500 円位です。

EOS 5D MK3 用Kenko の保護ガラスのパッキング






EOS Kiss X7 用Kenko の保護ガラスのパッキング






EOS 7D MK2用の坂本ラヂヲの保護ガラスのパッキング







紙のパッキングを取ると、透明プラスティックのパッキングが出てくる。







この透明プラスティックのパッキングが、頑丈で、開けられない。
メーカーに、電話で聞いたら、プラスティクの周囲に透明セロファンが、貼り付けしてあるとのこと。セロファン、見えますか?
ほとんどわからないくらい、薄いです。しかし、このせいで、プラスティックの箱は、頑として、開きませんでした。
最後は、これを、削り落としました。






(これまでの写真は、EOS 5D MK3+EF24-105F4L IS USM で、撮影)

これを除去して、力任せに、開けたら、何とか、開けることができました。

このプラステッィクの箱には、まいりましたが、こちらの方が、クリーニング用のアルコールを湿した紙や、さらに、クリーニング布がついていて、至れる尽くせりです。
そして、保護ガラスの厚さも、少し、厚いし、透明感、表面の仕上げも、こちらの方が、いい感じです。400円位の差は、妥当根感じです。
i Phone 6 Plus を購入したときに、I Phone 6 Plus の液晶の破損防止に、保護ガラスをつけるのを勧められて、それをつけていますが、明らかに、保護シートなどより、スクラッチ防止には、効果がありました。店の人は、i Phone 6 Plus を落下させたときも、破損しにくくなるということです。これは、まだ、試しては、いません。

旅行中は、デジタル一眼レフ2台とビデオカメラを首からぶら下げて、使うことになりますので、カメラ同士、ぶつかることは、十分考えられます。まあ、なるべく避けようと、思ってますが、万一、ぶつかったときに、多少、疵付きが防げるかもしれません。



テリーの部屋 Part 1 はこちらです。http://terry658.blog.so-net.ne.jp/



新製品 ブログトップ