So-net無料ブログ作成

富士山と冬の花火(2日目の夜の花火)(2月18日撮影) [山・自然]

2月17日の夜の冬の花火の撮影は、EOS 5DMK3 では、惨敗。

D500では、なんとか、撮れましたが、それでも、花火の線がピンボケに近く、解像度が悪いです。(前の記事で、紹介しています)

もう一度、2月18日の夜、リターンマッチをすることにしました。

前回の記事が、2月17日の花火で、連続して、2月18日の花火を載せるのも、どうかと思いすが、17日の花火と18日の花火の違いを見てもらいたいという気持ちもあり、あえて、連チャンで、載せます。


月の明かりが暗いという決定的なハンディキャップがありますが、なんとか、撮影したいです。
これは、この日に、山中湖で、暗くなってゆく時間帯(ブルーモメント)の富士山を撮影したものですが、小さな三日月も、写っています。

4-00-6P8A0343amh




前夜は、富士山に焦点をあわせ、露出も、富士山が見えるように、セットしましたが、今回は、花火を主体にするということで、場所も、富士山の真ん前に、花火がくるような場所に少し、変更です。
そして、焦点は、富士山ではなく、橋の光に、マニュアルで、合わせました。


まずは、EOS 7D MK2+EF24-70F2.8 での撮影です。
ISO=3200, 絞り=7.1. シャッター速度=3.2秒、マニュアル露出。マニュアルフォーカス
前日よりは、暗い設定ですね。
したがって、富士山は、あまり、よくは、写っていませんが、花火の解像度は、上がっています。

4-01-W2A0358mh




4-02-4W2A0359mh


続きを読む


nice!(64)  コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー