So-net無料ブログ作成

エジプト旅行記No23 カルナック神殿見物 前編(2月18日撮影) [エジプト旅行]

遅い昼食の後は、ルクソール東岸の見物です。

まずは、カルナック神殿の見物です。写真が多いので、2回に分けます。

カルナック神殿は、アメン大神殿(面積30ha) を中心とし、南のムート神殿と北のメンチュ神殿を加えた広大な神殿。中王国時代には、地方神のアメン神を祀る神殿だったが、テーベが首都になると、アメン神は、太陽神ラーと合体、国家最高神になった。新王国時代は、ハトシェプト女王、トトメス3世、セティ1世、ラムセス2世などが、主な神殿を建立。その後も建造が続き、プトレミオス王朝やローマ帝国時代の遺跡も残るエジプト最大級の神殿。2000年かけて、増築された大神殿です。
そして、ルクソール神殿は、カルナック神殿の副殿で、参道で、結ばれていたそうです。

クルーズ船から、カルナック神殿へのバス移動は、こちらの動画です。

https://youtu.be/9TwHMLr7hco



バスからの景色です。

1-01-4W2A0554




バスから、ルクソール神殿が見えました。

1-02-IMG_4321mh




1-03-IMG_4322mh


続きを読む