So-net無料ブログ作成

エジプト旅行記No22 王妃の谷、クルーズ船へ(2月18日撮影) [エジプト旅行]

久しぶりに、エジプト旅行記に戻ります。

前回は、こちらです。
 http://terry658-2.blog.so-net.ne.jp/2017-06-02

ハトシェプスト葬祭殿を見物した後、王妃の谷へ、バス移動。

動画は、こちらです。
https://youtu.be/9Bml5BZe7T4



折角ですので、ネフェルタリについて、ネットで、調べたことを以下に、記載します。

ネフェルタリは、古代エジプト第19王朝、第3代目のファラオ、ラムセス2世の正妃(第一王妃)である。ネフェルタリは、アメン神の神后の称号を持ち、この称号によって、独立した多くの富と権力を授けられた。

ネフェルタリは夫ラムセスに深く愛されていたと見られ、王妃の谷のなかにあって、もっとも壮麗な彼女の王妃墓-QV66からもそれが窺える。

ネフェルタリは少なくとも3人の息子と2人の娘、王子アメンヘルケプシェフ、王子プレヒルウォンメフ、王子アモンヒルウォンメフ、王女メルトアトゥム、王女メリトアモンをラムセスとの間に儲けたが、彼らは誰一人として王位を継ぐことはなかった。ラムセスの後継者は、イシスネフェルトの子、王子メルエンプタハとなった。

ネフェルタリは、アブ・シンベルの墓所と神殿の絵の両方にラムセスと同じ大きさで描かれており、こういった構図は極めて稀なものである。通常、ファラオの妃たちは、王の像や絵の膝ぐらいまでの大きさに描かれるもので、ラムセスと同じ大きさで描かれたネフェルタリの姿は、ラムセスにとって彼女がいかに重要であったかを示している。

ラムセス2世が、いかに、ネフェルタリを愛していたか、わかります。

王妃の谷も撮影禁止ですので、ネットに出ている写真、現地で、購入したガイドブックなどに出ている写真を以下に載せます。
すごい美女だったのがわかります。
また、昨年11月から、ネフェルタリのお墓に入るのが、許可されました。お墓の中も、大変綺麗な絵が描かれていました。

いつまで、続くか判りませんが、ここを訪れたのは、正解でした。

1-01-ネフェルタリ01mh




羽根を拡げた女神マート


1-02-ネフェルタリ03




ネフェタリ王妃

1-03-ネフェルタリ05


続きを読む