So-net無料ブログ作成
検索選択

アオサギ・白鷺の恋の舞い?それとも、縄張り争い? (4月21日撮影) [鳥]

もう1回、谷津干潟の鳥の記事をアップして、南米旅行に戻ります。

干潟の水が、かなり、引いています。
最後の水が川になって流れているところに、サギやシギが集まっています。

2-01-4W2A0339mh




アオサギの近くに、別のアオサギが飛んで来ます。

アオサギは、身を構えています。

2-02-4W2A0341mh




アオサギは、大きく飛び上がって、身をかわします。

2-03-4W2A0342mh


続きを読む


シギチの季節@谷津干潟(4月21日) [鳥]

南米旅行記を掲載中ですが、2回中断して、賞味期限の短い話題から、紹介します。

谷津干潟にホウロクシギが、来ていると言うのが、谷津干潟ブログにでていましたので、時間を見計らって、出かけてきました。

淡水池に、カモが沢山来ていました。
突然の大きな音に、びっくりして、一斉に飛び出しました。

1-01-4W2A0004goodmh




1-02-W2A0005goodmh





この日は、雨の予報もあり、空気が湿った感じでした。

燕が、飛んで来ました。
今期初めての燕です。
しばらく、照準器なしで、撮影していましたが、やはり、フレームに納められません。

やむなく、照準器をつけて、それで、飛んでいる所を撮影します。

1-03-4W2A0090trmh


続きを読む


No14 南米旅行―オリャンタイタンボからマチュピチュへ(3月1日撮影) [南米旅行]

オリャンタイタンボから、展望列車で、マチュピチュへ向かいます。

オリャンタイタンボでは、私の腕時計型GPS では、2834m を表示していました。

クスコは、3400m ですから、かなり、下りてきています。

展望列車は、天井にも窓があり、眺めは、いいのですが、その反面、光が、人間にも当たり、そのため、景色写真撮影しようとすると、反射が写りやすいです。
カナダ旅行では、偏光フィルターを使ってみましたが、あまり、効果が無かったので、今回は使用していません。
オリャンタイタンボにも、インカ遺跡があり、外敵に備える砦としても、サクサイワマンの砦に次ぐ規模だそうです。ここにも、インカの驚異的な石の加工技術を見ることができるそうです。規模的にも、マチュピチュ遺跡よりも大きく、美しいそうです。
残念ながら、マチュピチュの方が、有名なので、ここも、パスです。
なお、タンボは、宿場の意味だそうです。

14-01-4W2A1061





ウルバンバ川です。
丁度雨季ですので、濁流となって流れています。

旅行の時期として、雨季を選んだのは、このウルバンバ川の濁流も見たかったというところです。

14-02-4W2A1067




お隣は、ツアコンさんです。

14-03-4W2A1059


続きを読む


No13 南米旅行- クスコ観光、更に、オリャンタイタンボへ、バス移動(3月1日撮影) [南米旅行]

12角の石やインカ時代の精巧な石積みを見た後、アルマス広場に戻ってきました。

13-01-4W2A0908




13-02-4W2A0909




13-03-4W2A0910


続きを読む


No12 南米旅行―クスコ観光(3月1日撮影) [南米旅行]

リマから飛行機で、1時間半、10:50 頃、クスコに、予定通り到着。

クスコでは、現地ガイドさん(日本人)とガイドアシスト(現地人)の人が、加わりました。

クスコは、インカ時代首都があったところで、インカの中心だった都市です。
そして、標高3400m の高さにありますので、5-6時間、ここに、滞在すると、高山病になる可能性があります。
私が、はいったツアーでは、クスコは、市内観光の後、バスと列車で、標高2400m位のマチュピチュに向かいます。
ツアーによっては、クスコで1泊し、ホテルは、酸素供給装置付きというのも、ありました。
まあ、富士山より、少し、低い高度ですから、高山病を起こす人の割合は、そんなに、高くないかもしれません。


空港近くにこんな彫像がありました。

12-01-4W2A0841




街並みです。

12-02-4W2A0842




道路の真ん中に、こんな大きな像が立っています。
インカ帝国9代目のパチャクテク(在位1438年-1471年)の像です。
クスコ王国を4つの邦(スウユ)に再編し、彼の在世中に、小さな村にすぎなかったクスコ王国をチムー王国と競って、最終的には、取って代わる帝国に発展させました。
実在の皇帝と言われています。

12-03-4W2A0845amh


続きを読む


千葉市緑化植物園その2(3月18日撮影) [花]

南米旅行記を中断して、賞味期限がきれそうな写真を、先にアップします。
今年の3月18日に千葉市緑化植物園で、撮影したものです。

その1は、こちらに、すでに、アップしてあります。

 http://terry658-2.blog.so-net.ne.jp/2016-03-29


今回は、お花を中心に紹介します。

モクレン
白い木蓮は、桜と並んで、春を感じさせるお花ですね。











椿




続きを読む


No11 南米旅行―リマからクスコへ(3月1日撮影) [南米旅行]

いよいよ、マチュピチュ遺跡の見物です。
マチュピチュ村で2泊します。
マチュピチュ村へ行く展望列車が、大きな荷物をつめないことから、2泊3日分の着替えその他筆湯女荷物をだけをもって行きます。大きなスーツケースは、ホテルに、置いておきます。
ただし、2回目のリマの宿泊は、このシェラトン・ホテルではないので、ツアー会社が、宿泊ホテルまで、届けてくれます。

リマは、09:15 発の飛行機ですので、朝05:15 のモーニングコールで、06:00 荷物回収、06:45 出発です。

この日の朝食です。

11-01-IMG_1178





泊まっているホテルの前の裁判所です。
立派な建物ですね。

11-02-4W2A0758




シェラトンホテルの周りは、旧市街区で、美術館や彫像などもあります。

11-03-4W2A0759




美術館です。

11-04-4W2A0761


続きを読む


No10 南米旅行記- 雑多、主として食事(2月29日撮影) [南米旅行]

南米旅行記に戻ります。

旅行記をナスカ地上絵から開始したために、順序が、おかしくなっていますが、ここからは、ナスカ地上絵を見た後の昼食のレストランへ向かいます。

遊覧飛行をしたときの空港です。






砂漠のような場所に、箱みたいなものが置かれています。
不思議な光景です。箱が何なのか、わかりません。






ここがレストランです。




続きを読む


久し振りの谷津干潟(4 月13日撮影) [鳥]

南米旅行記を中断して、賞味期限の短い物を先に掲載します。

曇り時々雨の天気予報でしたので、
あまり、遠出はしたくないところです。

谷津干潟に、ホウロクシギが現れたという情報が、干潟のブログに出ていましたので、もしかしたら、見ることができるかもと言うことで、行ってみました。

枝垂れ桜は、まだ、見頃でした。

1-01-DSC01841mh





こちらの桜は、葉がでていますが、まだ綺麗です。

1-02-4W2A6107mh





もみじ

1-03-4W2A6109mh




1-04-DSC01842mh


続きを読む


タグ: 谷津干潟

No09南米旅行―ロサンジェルスからリマへ (2月26日撮影) [南米旅行]

熊本県で、大規模な地震が発生し、その後も余震が続き、10万人近くの人が、避難されているとのこと、自然の力の前では無力です。

また、その後、大雨で、土砂崩れの災害の危険も予想されています。

これ以上の被害が拡大しない様祈るばかりです。

さて、南米旅行記の続きです。

ロサンジェルスで、1泊し、12:50出発の LA0601 で、リマに向かいます。

リマまでの飛行時間は、8時間20分。ロス時間で21:10 ですが、リマは、+3 時間の時差がありますので、リマ時間では、00:10 となります。

ホテルは、09:30 出発の予定ですので、7時少し前に、朝食をとりました。
前夜少し、食べ過ぎもあり、朝食は、セーブ気味です。



















続きを読む