So-net無料ブログ作成
検索選択

更に大胆になったクイナ(2016年1月26日撮影) [鳥]

ロシア旅行記を、1回、中断します。

1月23日は、EOS 1D MK4+EF300F2.8L IS Ⅱ USM+テレコンX2 でした。(35mm カメラ換算780mm )
今回は、EOS 7D MK2+ EF300F2.8L IS Ⅱ USM+テレコンX2 です。35mmカメラ換算960mm となり、ほぼ1000mm です。

前回同様に、手持ち撮影です。
さすがに、1000mm 近くのレンズだと、鳥を、すぐにファインダーで、捕まえられません。
コンデジの高倍率ズームは、2000mm. 4000mm でも、小さな焦点距離で、鳥をとらえて,クローズアップしていきますので、撮影できますが、単焦点のレンズの難しさです。

淡水池に行くと、よく見かけるカメラマンが、何か撮影していました。挨拶をすると、シラハラがいますよと教えてくれました。

シロハラです。今年初めてのシロハラです。











こちらをじっと見つめています。






ユリカモメ




続きを読む


ロシア旅行記 No46 モスクワ観光その1(2015年9月3日撮影) [ロシア旅行]

9月3日の1日、9月4日の半日がモスクワ観光に当てられています。

1日半の観光ですが、内容は、ぎっしり詰まっています。
このツアー会社には、驚かされました。

まずは、赤の広場に立っているワシリー寺院(ボクロフスキー聖堂)にバスで向かいます。

動画は、こちらです。

https://youtu.be/eBhiOZ5O-fM



バスからの景色を、ビデオカメラとカメラで、適当に撮影しています。













続きを読む


ロシア旅行記 No45 9月2日の夕食(2015年9月2日撮影) [ロシア旅行]

モスクワに到着後、バスで、レストランに向かいます。





















ユニクロの店があります。




続きを読む


ロシア旅行記 No44 鉄道で、モスクワへ(2015年9月2日撮影) [ロシア旅行]

鉄道で、モスクワに戻ります。
ウラジミールから、モスクワまで、1時間40分です。

駅に行く前に、スーパーマーケットに寄って、列車の中で、食べるお菓子や飲み物を買います。















駅です。
ただ、駅の名前は、ウラジミール駅ではなく、モスクワ駅とか、目的地で呼ぶようです。




時刻表です。
17:59 発のモスクワ行きに乗ります。
到着は、19:40 予定です。




続きを読む


くいな現れる(2016年1月23日撮影) [鳥]

ロシア旅行記を中断して、賞味期限の短い記事をいれます。

掲示板や干潟のブログに、淡水池の葦を刈り取ったために、「くいな」が現れるようになったとありました。
前回来たときは、残念ながら、見ることが出来ませんでしたが、今回、やっと、見ることができました。

まずは、淡水池に寄ったときの写真です。
カモは、全くいませんでした。(後で、1羽、出てきましたが、――)

水際に、5-6羽の鳥が居ました。鳩かなと思っていたのですが、家で写真をパソコンで見たら、ヒヨドリの集団でした。






こちらにも、ヒヨドリがいます。






自然観察センターへ移動です。
ダイサギがいました。






葦の中から、鳥が現れました。
掲示板にでていた「くいな」です。
普通は、臆病なので、葦から出てこないのですが、葦が刈られたので、餌を求めて、やむなく、葦から出てきているのです。









続きを読む


ロシア旅行記 No43 ウラジミール観光その3ドミトリエフスキー聖堂(2015年9月2日撮影) [ロシア旅行]

ウスペンスキー大聖堂のすぐ近くに、ドミトリエフスキー聖堂があります。
ウスペンスキー大聖堂より30年後、12世紀末に建てられたもの。
こちらの教会は、家族用と言うことで、こじんまりとした教会ですが、外壁一面に、聖人、歴史上の英雄、動植物などが、浮き彫りにされています。

動画は、こちらです。

https://youtu.be/oZqRn2K5lo0






















続きを読む


ロシア旅行記 No42 ウラジミール観光その2ウスペンスキー大聖堂(2015年9月2日撮影) [ロシア旅行]

今日は、ウスペンスキー大聖堂からです。
ウスペンスキー大聖堂は、1158年に建設を始められ、14世紀までは、ロシアの大聖堂の最高位にあった歴史的な教会
丘の上に立ち黄金の5つのヘルメットを持つ威風堂々とした教会。
建材は、ウラジミール・スーズダリ公国に特徴的な白石(石灰岩)を使用され、職人は、申請ローマ帝国からも派遣された。この教会は、キエフのソフィア大聖堂を強く意識されて、造られたが、その独自の様式から、その後のロシアの教会建築の原型となった。


場所は、

https://www.google.co.jp/maps/place/Svyato-Uspenskiy+Kafedralnyy+Sobor/@56.1249332,40.4021423,14.12z/data=!4m2!3m1!1s0x414c7bd0d622984f:0x35c6c735e8e2c355?hl=ja







動画は、次の動画の15分あたりから、説明されています。

https://youtu.be/OOSYJb_gSAY














この銅像は、レーニンだとガイドさんは言っていました。
芸術に理解が無かったレーニンが、絵を描いているのは、皮肉とも言っていました。









続きを読む


ロシア旅行記 No41 ウラジミール観光その1(2015年9月2日撮影) [ロシア旅行]

スズダリ、ボクロフスキー修道院の観光を終え、バスで、ウラジミールに移動します。

ウラジミールの説明です。

ロシアの古都の一つで、ウラジーミル・スーズダリ大公国の首都として栄えた。いわゆる「黄金の環」を構成する都市の一つ。1108年頃にキエフ大公ウラジーミル・モノマフにより要塞を築いたことに始まる。
彼の孫アンドレー・バガリューブスキー公の時代に、ウラジミール・スーズダリ公国の首都となり、内紛や遊牧民の侵入などで、キエフの勢いが弱まると、1169年以降ルーシ王朝の首都は、ウラジミールに移された。この頃が、ウラジミールの全盛期で、白石(石灰岩)の建築群が盛んに建設された。しかし、1238年にバトゥ・ハーン率いるモンゴル軍によって、町は破壊され、それ以降、かつての勢いを取り戻すことは無く、ロシアの実際の支配権は、新興のモスクワへ移っていった。

名所名跡も多い。1992年、ウラジーミル市の聖堂群は近郊のスーズダリ市に残る聖堂群とともに、「ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群」として、ユネスコの世界遺産に登録された。

ウラジーミル駅はモスクワからウラジオストクの間を結ぶ鉄道の途中の駅で、モスクワからは電車で約3時間ほどかかる。またセミャージノ空港を擁し、冷戦時代にはドブリンスコエ空軍基地があった。人口は2002年国勢調査で315,954人、1989年ソ連国勢調査では349,702人だった。


ルートは、

https://www.google.co.jp/maps/dir/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2+%E3%83%B4%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%AB%E5%B7%9E+%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%80%E3%83%AA/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%AB,+%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2+%E3%83%B4%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%AB%E5%B7%9E/@56.2818881,40.3062967,11z/data=!3m1!4b1!4m13!4m12!1m5!1m1!1s0x414c8b467897aa4f:0x8d3d28ae50bbf786!2m2!1d40.4536153!2d56.4191591!1m5!1m1!1s0x414c796abd574431:0xa5192737744ddb02!2m2!1d40.4178686!2d56.1445956?hl=ja







動画は、こちらです。

https://youtu.be/Nzer-lxS5ks




黄金の門で、バスを下りて、観光です。
黄金の門は、キエフの黄金の門を模して、12世紀半ばに造られた城門。今もメインストリートを見下ろす、ウラジミールの象徴的存在。
かつては、町を取り囲んでいた城壁には、5つの外門と2つの内門があったが、現在残っているのは、黄金の門のみ。

黄金の門です。










ウラジミール観光の動画をまず、どうぞ。

https://youtu.be/OOSYJb_gSAY




至聖三者大聖堂




続きを読む


白鳥の試し撮り(2016年1月15日撮影) その2 [鳥]

2時少し、過ぎたところから、白鳥が、どんどん戻ってきました。






少し、離れた、水の無い田んぼに白鳥が、群れを成しています。
そういう場所が、何カ所かあります。






4羽、6羽と群れを成して、戻ってきます。









続きを読む


白鳥の試し撮り(2016年1月15日撮影) [鳥]

ロシア旅行記の途中ですが、白鳥撮影に行ってきましたので、その記事を2回入れます。

今年は、暖冬と言うこともあって、千葉県印西市本埜の白鳥の郷に飛来する白鳥の数は、500羽位で、昨年の同時期の半分以下のようです。
釧路での丹頂鶴撮影に誘われていて、丹頂鶴撮影の練習も兼ねて、出かけてきました。

ここです。
昨年と、あまり変わっていません。
到着は、12時50分頃。






朝、餌をもらって、それぞれの場所に飛び立っていますので、全く、以内のかなと思ってきたら、意外と残っていました。







ハクセキレイも、何羽か、見かけました。






これは、ヒバリ?




続きを読む