So-net無料ブログ作成

ロシア旅行記 No19 エルミタージュ美術館別館 その2 [ロシア旅行]

エルミタージュ美術館の別館の続きです。

絵画の羅列になりますが、――。

今回は、ピカソ、マチスを中心に紹介します。
ピカソの絵も沢山ありました。ピカソの絵も、抽象的な絵になって行く前の絵も結構ありました。

ピカソ作、「アブサンを飲む女」






ピカソ作、「ヌードの胸」






ピカソ作、「入浴」




続きを読む


ロシア旅行記 No18 エルミタージュ美術館別館 その1 [ロシア旅行]

別館は、別料金で、300ルーブル位でした。

ほとんどの人が、見学を希望。
ただし、ここに、現地ガイドさんが入るのは、禁止されているとのことで、各人、1時間半くらい、見て回ります。
もちろん、入り口までは、ガイドさんが、連れて行ってくれます。

エルミタージュ美術館とは、向かいの建物、旧参謀本部の建物3階にあります。






写真を撮るのを忘れましたので、Google Street View からの写真を借用。
確か、右側のドアから入ったと思います。
Street View の機能が進化してゆくと、Google Map 上で、旅行し、美術館の中に入って、
絵画も見ることができるようになりかもしれませんね。





中に入ると、美術館への入り口は、ドアが開いています。






切符を買って、中に入ると、階段で、上にあがり、そこから、エレベーターで、3階に行きます。




続きを読む


ロシア旅行記 No16 エルミタージュ美術館その2 [ロシア旅行]

エルミタージュ美術館の続きです。

ミケランジェロの彫刻 「うずくまる少年」(1530年代)

















ラファエロギャラリー
エカテリーナ2世が、バチカンのラファエロ回廊を模して、作らせたもの。
2009年3月に、イタリア旅行に行っており、バチカン見物もしましたが、ラファエロ回廊は、閉鎖されていたかもしれません。このときのビデオは、音声が、ガイドさんの声が小さく、不鮮明でした。ネットでも、はっきり、これが、ラファエロ回廊という写真は、少ないですね。





続きを読む


ロシア旅行記 No15 エルミタージュ美術館その1 [ロシア旅行]

エルミタージュ美術館は、世界の中でも、ベスト3に入る大きな美術館で、私も、これが見たいがために、ロシア旅行を決めたのでした。

エルミタージュ美術館は、冬宮、小エルミタージュ、旧エルミタージュ、新エルミタージュの4つです。
さらにエルミタージュ劇場が附属しています。
最初の冬宮は、ピョートル大帝時代の1721 年に、現在のエルミタージュ劇場の辺りに、建てられた。その後、エリザヴェータ女帝の時代に、ラストレッリの設計で、現在の冬宮の建設が、始まり、1762年なって、やっと完成した。
冬宮は、1837年に大火に遭い、大半を焼失したが、建築家ワシリー・スターソフらによって、ほぼ以前の通りに復旧された。
エカテリーナ2世が、1764 年に225点の美術品をベルリンの商人から購入し、その後も、美術品の収集を続けた。エカテリーナ以降も美術品の収集は、続けられ、ニコライ1世の時に、新エルミタージュが建てられ、この頃から、美術品の公開が始まった。
革命後、冬宮も、含めて、美術館として、整備され、現在に至っている。
なお、エルミタージュとは、「隠れ家」という意味で、エカテリーナ2世は、自分の時間を楽しんだそうです。

エルミタージュ美術館です。
案内してくれるのは、サンクト・ペテルブルクで、ずっと、案内してくれたガリーナ・ドルガーノヴァさん。
地球の歩き方2014-2015 にも紹介されていますが、ベテランの日本語ガイドで、特に、文学や芸術関係に詳しいと紹介されていました。日本語が大変うまく、声も美しく、綺麗な方でした。











新エルミタージュとガイドさんは言っていましたが、別館で、実は、旧参謀本部の建物で、印象派の絵画は、この建物の3階に集められています。




続きを読む


ロシア旅行記No14 食事、エルミタージュへのバス移動 [ロシア旅行]

現在、カナダメープル街道の動画整理をまだ、行っているところです。
ローレンシャン高原の効用の写真せりまで、終わりましたら、ブログにアップしたいと思いますが、
それまでは、ロシア旅行を掲載します。

ロシア旅行の日程は、こちらです。


8月29日の夕食の紹介です。

朝早く起きて、飛行機に乗り、サンクト・ペテルブルクでの観光を終え、ホテルで夕食です。

やはり、まずは、ビールです。







ロシアビールです。
シグリと読むのかな?






アルコール度数が少し低いですが、結構美味しいです。(疲れてますから、ナンも美味しく感じます。)
料理は、特に、味については、記憶が無いですが、これは、これで、美味しかったと思います。





続きを読む


タグ:旅行 ロシア

谷津干潟(10月4日撮影) [鳥]

カナダ旅行から昨日、帰ってきました。
今回の旅行は、例年の国内での紅葉見物旅行を、少し、拡大版で、カナダに行きたいと相方の提案があり、カナダのメープル街道の紅葉見物に行ってきたものです。
メープル街道というのは、カナダのナイアガラ地域からケベックシティーへと続く全長800Kmの観光ルートの通称です。
この名称は、日本の観光業者がつけたそうです。実際のところは、カナダの建国の史跡が多くあります。
紅葉は、ローレンシャン高原が一番有名ですが、ここは、例年9月下旬から、10月初旬が紅葉のピークとのことですが、ツアコンの方の話では、今年は、紅葉が遅れていて1週間前に来たとき、あまり、紅葉していなかったそうです。
1週間で、相当、紅葉が進んでいました。私としては、ローレンシャン高原では、紅葉は、見頃を過ぎた感じと思っていたのが、真っ盛りという感じで、大変ラッキーでした。

今回も、写真は、3000枚以上撮影してきましたので、暫く、写真整理にかかりそうです。
とはいえ、紅葉は、早めに、見せたいと思いますので、紅葉の部分を早めに、整理して、ブログにアップしたいと思います。

今日は、予約投稿していた記事が、でるはずでしたが、10月16日に、2つの記事がアップされて、しまいましたので、10月4日撮影の谷津干潟の写真にします。



2週間半振りの谷津干潟です。

イチョウも少し、黄色味を帯びてきた感じ。
今度の旅行では、15-85mm (35mm 換算、24-136mm )を使おうと思っています。
これで、やはり、望遠サイドが短いと思えば、18-200mm を使うと言うことで、カナダ旅行に一応持って、行きます。
15-85mmのテストも兼ねています。このレンズは、かなり前に買いましたが、広角サイドはいいのですが、望遠サイドが、物足りず、しかも、一寸重いこともあって、稼働率は、よくないです。






淡水池にまず寄ってみました。
杭の上には、シラサギがずらりと並んでいます。






ここから、100-400mm ズームレンズに交換です。






自然観察センターの屋根の上にもアオサギ、シラサギが、群れています。




続きを読む


G7X試し撮りのおまけーEOS 5D MK3 で、撮影 [花]

最後に、コスモスその他、千葉市花の美術館の前庭のお花を、EOS 5D MK3+EF24-105F4L IS USM で、撮影しました。
当然ながら、綺麗です。G7XとEOS 5D MK3 を比較するのは、酷です。














続きを読む


試し撮りーPowershot G7X その5 [新機材]

旅行中につき、予約投稿です。
旅行中、または、帰宅後、お伺いします。


G7X 試し撮りの最後は、温室での撮影です。






ベニヒモ






アンスリウム




続きを読む


試し撮りーPowershot G7X その4 [新機材]

旅行中につき、予約投稿です。
旅行中、または、帰宅後、お伺いします。


G7Xの試し撮りの続きです。
中庭での撮影です。
中庭は、以前は、小さな池があって、熱帯性の睡蓮などがありましたが、改修されて、車椅子でも、楽に行けるバリアフリーの花壇になっています。






川をイメージ?
中に入っては、いけません。









続きを読む