So-net無料ブログ作成
検索選択

ハトの愛情交換@谷津干潟(7月12日撮影) [鳥]

今回は、その後のカルガモの親子の話と谷津干潟で見られた鳥、そして、最後にハトの愛情交換の写真です。

この日は、ガン保険支払いとか、8月の国内旅行の支払いとか色々やっていて、出遅れました。3時半に出発し、3時45分頃、到着です。暑いせいか、時間が遅いせいか、駐車場は、空いていました。

EOS 7DMK2に、EF100-400F4.5-5.6L IS Ⅱ USMをとりつけて、P900 を準備して、出発です。
まずは、この鳥が出てきました。
雀かと思ったら、シジュウカラのようです。

1-01-4W2A0001trmh




1-02-4W2A0002trmh




1-02-4W2A0005trmh




淡水池では、ダイサギが、飛んでいました。
ダイサギは、この時期に、嘴が、黒から黄色に変わるそうです。
このダイサギは、嘴の先端が、黒のままです。

1-03-4W2A0007trmh



杭の上は、カルガモが一杯並んでいます。

1-04-4W2A0011bmh




そして、葦の傍には、子供4羽をつれた母親カモです。
子供もすっかり、大きくなり、大きさは、母親とあまり、変わりません。

1-05-4W2A0022bmh




台の上に、登って、子供達を見守っています。

1-06-4W2A0103romh




この台は、セイタカシギが、巣を作るようにとセットされていましたが、セイタカシギが巣を作っても、毎回、アオダイショウなどに、卵をとられましたので、ここ数年は、巣を作りません。
どこか、見えないところで、巣を作っているようでうす。

1-07-DSCN4748mh




ダイサギの飛翔です。
このダサイギも、嘴が黄色です。

1-08-4W2A0026romh




観察センターの前の干潟の横のの草むらにいたムクドリが、何かに驚いて、一斉に飛び立ちました。
ガラスの反射で、見にくいです。

1-09-4W2A0034romh




セキレイです。

1-10-4W2A0057trmh




カルガモの飛翔

1-11-4W2A0066trmh




コチドリ

1-12-DSCN4734mh




1-13-DSCN4737mh




子供を7羽連れたカルガモです。
これは、写真では見ていましたが、目撃は、初めてです。
このファミリーもすっかり、大きくなって、どれが、親か、すぐには判りません。

1-14-4W2A0041amh




歩き出しました。

1-15-4W2A0046mh




左のカルガモが、母親ですね。

1-16-4W2A0053mh




こちらを向いているのが、母親ですね。

1-17-4W2A0074amh




これも、ダサイギと思います。嘴は、黒のままです。

1-18-DSCN4745mh




アオサギの飛翔

1-19-4W2A0084trmh




最近、ヒクイナが目撃されているそうです。
これが、見たくて行ったのですが、この日は、出てきませんでした。
下の写真は、掲示板に出ていた写真です。

1-20-DSCN4714amh




閉館近くなりましたので、木の上を見ながら、駐車場方向に移動です。
木の枝の上に、1羽ハトが、止まっていました。
緑の中のハトもなかなか、いいと思って、撮影しました。
決まっているでしょう。

1-21-4W2A0106mh




そこへ、もうⅠ羽のハト(雄)が、飛んで来ました。

1-22-4W2A0109mh




木の枝に、2羽のハトです。どうするのかなと思って見ていたら、飛んで来たハトが、止まっていたハトに給餌をしたと思ったら、積極的に、口づけをしています。

1-23-4W2A0110mh




雌の方も、それに、答えています。

1-24-4W2A0115mh




ハトのディープキスのシーンは、初めてです。

1-25-W2A0117mh




雌の方は、受け入れOKのようです。

1-26-4W2A0119mh





ここからは、18歳未満の方は、見てはいけません。

1-27-4W2A0124mh




1-28-4W2A0128mh




1-29-4W2A0129mh




1-30-4W2A0134mh




1-31-4W2A0139mh




1-32-4W2A0151mh




1-33-4W2A0154mh




愛情交換が終わって、暫く、2羽、並んで止まっていました。

1-34-4W2A0161mh




1-35-4W2A0165mh




暫くして、雌の方が、横を向きました。

1-36-4W2A0167mh




そして、撮影されていたのに気がついたのか、こちらを、睨んでいました。
「あら、見ていたのね」という感じでしょうか。

1-38-4W2A0168mh






一連の動きの写真63枚を、動画(スライド)にしてみました。1枚1秒ですので、63秒です。ついでに、音楽も入れて見ました。

https://youtu.be/fjl0HNlOZKY




テリーの部屋 Part 1 はこちらです。http://terry658.blog.so-net.ne.jp/


nice!(57)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 57

コメント 13

green_blue_sky

鳩さんを激写していますね(^▽^;)
陽射しが暑そう、どこに行っても暑いですね。
by green_blue_sky (2017-07-15 06:33) 

mimimomo

おはようございます^^
干潟はいろいろ賑やかですね。
鳩・・・やはり雄は餌を運ぶことが大事? 
by mimimomo (2017-07-15 06:33) 

yakko

お早うございます。
谷津干潟はたくさんの鳥が見られますね。(*^_^*)
by yakko (2017-07-15 09:18) 

g_g

鳩は今が恋の季節なんですね。
谷津干潟は何かしらの野鳥が
集まっているんですね。

by g_g (2017-07-15 09:26) 

京男

こんにちは。
ハト・・・後の物憂い感じがいいですね。
by 京男 (2017-07-15 09:56) 

ma2ma2

鳩さん仲良しですね!
by ma2ma2 (2017-07-15 10:45) 

テリー

green_blue_sky さん
鳩さんの激写は、たまたま、LUCKY以外の何物でも無いですね。
暑いですね。今日は、暑い中、3連休の初日にもかかわらず、渋滞の中、山梨まで、墓参りでした。

mimimomoさん
鳩さんの愛情交換を初めて見ました。最初は、雄から雌への餌を口伝えに渡すことから、始まりました。
実の所、本当に、餌を渡したかどうかは、一瞬で、その後、長いディープキスが続きましたので、よくわかりません。
愛情表現が、人間と似ているので、大変面白かったです。

yakkoさん
渡り鳥が、余りいませんので、鳥は、少ない時期ですが、それでも、これだけ、見ることができます。

g_gさん
はい、ハトは、今が恋の季節ですね。
谷津干潟は、水鳥だけでなく、鳥をいじめる人がいませんので、色々な鳥が、来ています。

京男さん
はい、長い愛情交換の後、2羽が、並んで、暫く枝に止まっていましたが、物憂げな感じでした。

ma2ma2さん
とても、仲良しでした。

by テリー (2017-07-15 19:16) 

hatumi30331

鳥たちの観察は時間を忘れるよね。
鳩は仲良しさん!
決定的瞬間を撮りましたね!^^
by hatumi30331 (2017-07-16 08:27) 

ソニックマイヅル

おはようございます。ハトさんのカップル、すごく仲が良い感じで癒されました。^^;
by ソニックマイヅル (2017-07-16 10:18) 

kuwachan

カルガモの一家、元気に育って微笑ましい姿ですね^ ^
by kuwachan (2017-07-16 11:05) 

silverag

谷津干潟、しばらく行ってませんが
今は、暑すぎますね
by silverag (2017-07-16 15:11) 

okko

アラ、見てたのね!!って怒ってますよ~。
by okko (2017-07-16 16:47) 

テリー

hatumi30331さん
はい、こんな瞬間を撮影できるなんて、ラッキーです。

ソニックマイヅルさん
ハトさんの仲良しのシーンは、前にも、見たことがありますが、愛情交換のシーンは、初めてです。
ラッキーでした。

kuwachanさん
二つのカルガモファミリーの子供達が、全て、元気に育って良かったですね。

silveragさん
本当に、暑いですね。
やはり、見学者は、少ないです。

okkoさん
そうですね。秘め事を見てしまいましたから、怒られますね。
by テリー (2017-07-16 19:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0