So-net無料ブログ作成
検索選択

エジプト旅行記No25 ルクソール神殿見物 前編(2月18日撮影) [エジプト旅行]

ルクソール神殿の写真も多いので、2回に分けます。


カルナック神殿見物を終えて、ルクソール神殿へバスで移動。

動画は、こちらです。

https://youtu.be/70QLeG1EmaI




カルナック神殿とルクソール神殿を結ぶ参道です。
現在、復元工事が行われているようです。

1-001l-IMG_4433mh




丁度、陽が落ちる所です。

1-001m-IMG_4434mh




1-001n-IMG_4435mh



1-001o-IMG_4436mh





ルクソール神殿見物の動画は、こちらです。

https://youtu.be/RLSnGs-0_9U





ルクソール神殿です。

カルナック神殿の副殿で、参道、塔門、中庭、大列柱殿、列柱室、至聖書が、バランスよく配置されている。現存する神殿の大部分は、新王国時代第18王朝のアメンホテップ3世と第19王朝のラムセス2世が建設したもの。
アメンホテップ3世の息子アクエンアテン王は、強力な神官団に支配されたアメン神信仰を嫌い、アマルナに遷都。神殿は、荒れ果てたが、次王のツタンカーメンが修復、一部を完成させている。
第一塔門。
高さは、24m, 幅は65m

1-01-4W2A0619




ここにオベリスクが、対で、2本立っていましたが、フランスが大時計をくれましたので、そのお礼に、オベリスクを1本、あげたそうです。その1本は、コンコード広場に立っています。大時計は、モハメッド・アリ寺院にありますが、最初から、動かなかったそうで、エジプトは、フランスに、オベリスクの返還を求めているそうです。

1-02-4W2A0621




ラムセス2世の座像が、二つ、あります。

1-03-4W2A0623




1-04-4W2A0626




1-05-4W2A0627




1-06-4W2A0628




この神殿も、元は、鮮やかな色で、塗られていたそうです。
現地で購入した本によると、今の状態の写真。

1-07l-ルクソール01mh




これが、元の色だそうです。

1-07m-ルクソール01remhmh




ガーマ・アブー・イル・ハッガーグ

ルクソール神殿は19世紀まで砂の中に埋もれていたそうです。
で、存在を知らなかったイスラム教徒が神殿の上に寺院を建ててしまったそうです。
ガーマ・アブー・イル・ハッガーグの建設には、神殿の石が使われた。

1-08-4W2A0631




1-09-4W2A0632




ツタンカーメン王とアンケセナーメン王妃

1-10-4W2A0633




1-12-4W2A0634




1-13-4W2A0635




1-14-4W2A0636




1-15-4W2A0637




1-16-4W2A0638




1-17-4W2A0639




1-18-4W2A0640




ローマ時代の壁龕(へきがん)(壁龕とは、彫像、花瓶、噴水などをおくために、壁をえぐって造られた凹状の部分)(至聖所に通じる)

1-19-4W2A0642




至聖所のレリーフ

1-20-4W2A0644




1-21-4W2A0645




1-22-4W2A0646




ルクソール神殿の場所は、ここです。



全米オーペンゴルフで、松山英樹、2位でした。
初日と3日目が、もう少し、パットが入っていれば、優勝だったのに、残念ですね。
でも、メジャーでの優勝も、間近の感じですね。メジャーで、優勝したら、号外が出るかな。

本日は、ゴルフの練習会。
前日、雨が降っていたせいか、グリーンが、遅く、パットの感じが、今ひとつ。
前半44。後半46、計90ですので、まずまず。



テリーの部屋 Part 1 はこちらです。http://terry658.blog.so-net.ne.jp/




nice!(63)  コメント(18)  トラックバック(0) 

nice! 63

コメント 18

green_blue_sky

ライトアップされると、さらにきれいですね。
by green_blue_sky (2017-06-21 06:54) 

京男

おはようございます。
大時計のお礼にオベリスク!でも時計が動かない・・・いまからでも遅くないから修理して欲しい。
もともと極彩色だったのが面白いですね。
by 京男 (2017-06-21 07:28) 

テリー

green_blue_sky さん
丁度ライトアップの時間帯になって来ました。
ライトアップされると、雰囲気が変わりますね。
写真は、次回です。

京男 さん
仰るとおりですね。
オベリスクを、もらっておきながら、いいかげんな大時計では、フランスの技術力に疑いが出てきますね。
フランスもしっかり、修理しないといけないと思いますが、ーー。
by テリー (2017-06-21 10:47) 

okko

夕焼けも神殿も、何もかもが雄大ですッ!

松山は凄い追い上げでしたね。確か初日は50位ぐらい?でしたっけ。
ガッツがあります。驚きました。
by okko (2017-06-21 11:22) 

mimimomo

こんにちは^^
夕景が良いですね~ソテツのような木が良い味出してる^^
永い風雪で(雪は無しですね^^)色がこんなにも剥げるのですね。ちょっと驚き。
by mimimomo (2017-06-21 11:26) 

くまら

当時の色を復元したもの
塔の色は綺麗だけど
仏像の色が・・・でも顔が微妙に違ってるんですね
by くまら (2017-06-21 11:51) 

ma2ma2

昔の色は結構鮮やかですね!
神殿も立派です(^^)
by ma2ma2 (2017-06-21 12:05) 

旅爺さん

オペリスクはコンコード広場でしたか、もう忘れてます。
彩色が綺麗だった時代のが見たいですね。
by 旅爺さん (2017-06-21 13:04) 

hatumi30331

タイムスリップして、映画乗せ会に入ったような感覚に・・・・
この風景の横には、今のカフェがあるんでしょう?
そこが凄い所ですよね。^^
by hatumi30331 (2017-06-21 13:05) 

yakko

こんにちは。
何もかもスケールが違いますね〜 圧倒されます !!
by yakko (2017-06-21 16:30) 

美美

神殿の色付を見るとビックリするほどカラフルですね(^^;
しかし立派な神殿ですね。
by 美美 (2017-06-21 17:14) 

akanenosora

お顔のない立像残念ですが、時代の流れでこの様な姿になって
しまったのでしょうね。
by akanenosora (2017-06-21 19:44) 

viviane

ローマ時代の壁龕、トレビを思い出しました
それにしても大きな像 見事ですね
by viviane (2017-06-21 21:07) 

テリー

okkoさん
カルナック神殿とルクソール神殿は、雄大ですね。
それを参道で結ばれていたのです。

松山は、初日+2で、出遅れました。これが、せめて、イーブンなら、更に、優勝のチャンスがあったのでしょう。

mimimomoさん
色が、退色しているのは、紫外線の影響が大きいと思います。
日影になっているところは、かろうじて、色が残っていました。

くまらさん
彫像は、位の高い神官なのでしょうね。同じ人ではないのかもしれませんね。

ma2ma2さん
日本でも、神社は、赤など、派手な色が使われていますので、宗教施設に、こいう極彩色を使うのは、同じかもしれませんね。

旅爺さん
ナイス&コメントありがとうございます。

hatumi30331さん
ルクソール神殿近くの街並みは、この記事の最初の動画を見て戴ければ、わかると思います。

yakkoさん
この神殿は、カルナック神殿の副殿ということで、全体の規模は、膨大な大きさですね。

美美さん
さすが、エジプトですね。
巨石の遺跡は、迫力ありますね。

by テリー (2017-06-21 21:42) 

テリー

kanenosora さん
この神殿は、数千年前に造られた物ですから、顔が、風化したり、首が無くなっているものもありますね。
一時は、砂にかなり、埋まっていたそうです。

vivianeさん
確かに、ローマ時代に造られた部分は、トレビの泉に、似ているところがありますね。

巨像は、すごいですね。
by テリー (2017-06-21 23:04) 

たいへー

見慣れていないので、元の色だと目が痛くなりそう。(笑
by たいへー (2017-06-22 07:51) 

リュカ

元の色があったころに行ってみたいですね。
タイムマシンがあったらいいのになー(笑)
by リュカ (2017-06-22 11:03) 

テリー

たいへーさん
こういう宗教施設は、視覚に強く訴えるように造っているのでしょうね。

リュカ さん
私も、タイムマシーンが、あれば、元の色を見たいですね。
そう言えば、日本も、古い建物や遺跡の色が、元は、どうだったのか、検討し、それに、復元する作業をやっている人のテレビ番組を見ました。
すごい長い時間をかけて取り組んでいました。
by テリー (2017-06-22 14:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0