So-net無料ブログ作成
検索選択

エジプト旅行記No21 ハトシェプスト葬祭殿(2月18日撮影) [エジプト旅行]

ハトシェプスト(ラテン文字表記:Hatshepsut)は、古代エジプト第18王朝第5代のファラオ(在位:紀元前1479年頃 - 紀元前1458年頃)。

父はトトメス1世、母はイアフメス。夫はトトメス2世、娘はネフゥルウラー。

夫であるトトメス2世は妾腹の息子トトメス3世を次の王にせよと遺言したが、トトメス3世は幼かったため、以後22年間にわたり共治王を務めた。実際には在位中、彼女が絶対的権力を保有していた。公的な場では男装し、あごに付け髭をつけていたと伝えられる。ハトシェプストの意味は「最も高貴なる女性」である。

治世は穏健で、戦争を好まずに平和外交によってエジプトを繁栄させた。しかし、それは同時にエジプトの国威の低下を招くことになるのだが、トトメスの軍事的功績の基盤を作り上げたという見方もある。死後、その事跡はトトメス3世によって抹消されたという解釈が一般的だが、ハトシェプストとトトメス3世の仲は良好で、事跡を抹消したのは女性であるハトシェプストがファラオとして君臨したことを快く思わない者たちではないか、という説もある。なお『旧約聖書』「出エジプト記」でモーセをナイル川で拾って育てた義母は彼女とも言われている。

王家の谷から、ハトシェプスト葬祭殿へのバス移動の動画は、こちらです。

https://youtu.be/NpzDLxrkoW4



バスからさらに、電気トロッコで、葬祭殿近くまで、移動。

1-01-4W2A0494




1997年11月17日、観光客200人に、テロリスト6人が、守衛を襲撃した後、無差別の火器を乱射して、弾薬がなくなると、探検で襲い、観光客が61人、殺害された事件がおきました。
テロリストは、砂漠を徒歩で渡ってきて、この山からやってきたとか。
盲点を突かれた感じですが、今は、警戒がしっかりされているそうです。

1-02-4W2A0495




1-04-4W2A0497


1-08-4W2A0501




山腹の穴は、貴族のお墓です。

1-10-4W2A0504




1-11-4W2A0505




ハトシェプスト葬祭殿の見物の動画は、こちらです。

https://youtu.be/HxyXCubY5fg





1-12-4W2A0506




スフィンクス
参道の両側にあります。
日本の神社の狛犬のような物ですね。
1対のスフィンクスの内、顔がしっかり残っている方は、カイロ考古学博物館で展示されています。

1-13-4W2A0511




1-14-4W2A0514




左側の神殿の跡は、中王国時代11王朝の王メンチュヘテプ2世(紀元前2040年頃)の神殿。ここに、メンチュヘテプ2世の墓もあったそうです。
ハワード・カーターが、1900年に王の墓と彫像を発見した。

1-14x-IMG_4248mh




メンチュヘテプ2世の像です。(カイロ考古学博物館にあります)

1-14y-4W2A2014





ハトシェプスト神殿とメンチュヘテプ2世神殿の間に、1961年に小神殿(トトメス3世神殿)が発見されました。
新王国第18王朝のトトメス3世(紀元前1450年頃)が、建てた神殿で、第20王朝末期に、地滑りが起きたために、放棄され、数世紀後に、コプト教徒に占拠された時代は、墓地として使用された。
ハトシェプスト神殿右側にあるアヌビスの下の礼拝堂の壁の絵です。

1-15-4W2A0515




1-16-4W2A0516




1-17-4W2A0518




トトメス3世が、メンフィス紀元の葬祭の神ソカリスに葡萄酒の供物を奉じているところ。ソカリス信仰は、ブタハとオシリスに対する信仰と結びつけられていたそうです。

1-18-IMG_4268mh




1-18x-IMG_4269mh




1-20-4W2A0522




1-21-4W2A0523




1-22-4W2A0526




1-23-4W2A0529




1-24-4W2A0532




1-25-4W2A0530




1-26-IMG_4271mh




1-27-4W2A0536




1-28-4W2A0539




1-29-4W2A0541




カイロ考古学美術館に展示されているこの彫像は、現地購入のガイドブックには、ハトシェプストを表すとありました。
ハトシェプスト神殿の上部柱廊にあるオシリス柱の一つ。
これが、ハトシェプスト女王なら、すごい美女でしたね。
ハトシェプスト神殿では、上の痕跡は、消されていますが、次のトトメス3世が消したとか、トトメス3世ではなく、エジプト王朝の中で、女王というは、けしからんという考えを持つ人が消したのではという説もあります。

1-30-IMG_5763




現地で購入した復元写真集に、ハトシェプスト神殿は、こういう姿というのが、出ていました。

1-31-復元ハトシェプスト神殿




エジプト旅行の写真の抜粋版です。

 前編:http://terry658-2.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31


 後編:http://terry658-2.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31-1


急に暑くなってきたせいか、少し、体調不良。
週刊ポストに主治医が60歳以上だと、死亡率が急上昇するという記事が出ていました。私の主治医が、60歳どころか、70歳を越えている感じで、言っていること、指示することが、論理性を欠き、不安になることがあります。
この主治医の指示で、半年に一度、X線写真の撮影をしています。どうも、心臓の大きさを、チェックしているようですが、X線写真で、心臓の大きさの変化がわかるようだと、お終いの気がします。人間ドックで、1年に一度、超音波検診をやり、心臓の肥大検査もやって、その結果を、出しているのですが、――。



テリーの部屋 Part 1 はこちらです。http://terry658.blog.so-net.ne.jp/



nice!(54)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 54

コメント 12

green_blue_sky

主治医は通いなれているのも必要ですが、年齢は40代の人が良いです。
近所の医者では親子でやっていますが、院長や看護士長は高齢で何を言っているか不明で怖い(^▽^;)
by green_blue_sky (2017-06-03 07:34) 

せつこ

なかなか見られないところへ行かれて良かったですね。
テリーさんが帰って来られてからエジプトまたテロがありましたね、やっぱり海外は危険です。
文化財結構破壊されてますね、残したいです。
医学も日進月歩ですから主治医は選ばなければならないのでしょうか!
by せつこ (2017-06-03 09:38) 

京男

こんにちは。
こういう建物、よくもまあ作ったものですね。
現地に行くと感じ方がまた違うのでしょうね。
あの襲撃の前の週に知り合いが観光に行っておりました。
高齢の医者、経験の安心感はありますが、新技術に関してはだめかも。
私は、入院した経験のある医者、難病を克服した医者、臨死体験のある医者なんかと知り合いました。そういう人達は信用できますね。
by 京男 (2017-06-03 11:41) 

テリー

green_blue_sky さん
主治医というか、病院で、私を担当している医師ですが、変更要求するか、病院を変更するか、悩ましい問題です。

せつこさん
私が、帰ってから、エジプトのアレキサンドリアで、テロがありました。コプト教会のエジプトでの総本山を狙ったようです。
2年前に、ロシア旅行をしましたが、その後、半年位たってから、サンクトペテルブルクの地下鉄駅で、テロがありました。
日本も、オリンピックが近づいてくると、テロの危険性が高まり、主要空港については、ボディスキャナーを導入して、セキュリティ検査を強化するという話ですが、鉄道、電車、地下鉄の駅は、どうにも、できない感じですね。
高齢の医者に主治医として、診てもらう危険性は、日進月歩の医学について行ってないだけではなく、医者自身が、惚けてきている恐れがあるということが、恐ろしいです。
by テリー (2017-06-03 11:59) 

ma2ma2

エジプトは絶対に行くことが無いと思う国なので興味津々です!
主治医の件はダイヤモンドオンラインでも載っていました。
心臓の病気になる前は70歳の主治医でしたが、病気になった後は日大と地元の主治医は40代の主治医になりました(^^)
by ma2ma2 (2017-06-03 12:04) 

テリー

京男さん
エジプトの古代の王は、ピラミッドとか、葬祭殿、神殿建設で、自分の力を誇示したようです。
強大な建造物には、畏敬の念を感じざるを得ませんね。
主治医は、高齢でも、惚けてない方で、色々な経験を積み、十分に信頼の置ける人なら、いいのでしょうね。


by テリー (2017-06-03 12:07) 

響

木がまったく無い風景は殺伐としたものを感じます。
by (2017-06-03 15:21) 

テリー

ma2ma2 さん
働き盛りは、40歳代でしょうね。
40歳代を希望しても、どうやって、変えるかが、問題です。

響さん
中東の人の多くは、殺伐とした風景を見て、育っているのでしょうね。
日本人は、幸せですね。
by テリー (2017-06-03 17:44) 

OJJ

確かに今回の記事の範囲には一木一草見えないですね~想像できない!
by OJJ (2017-06-03 17:58) 

旅爺さん

ハトシェプスト葬祭殿は爺も見てきたので懐かしいです。
あのような砂漠の岩場に当時良く作った物ですね。
昔の技術は何から何まで素晴しいですよね。

by 旅爺さん (2017-06-03 18:20) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

暑くなると体調崩しますね。
自分も時々、朝・・・汗かいて会社に着くと調子を崩すときがあります。
死亡率が急上昇...いやですね。。
そろそろ、近所で仕事を探そうかな。。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-06-03 19:36) 

テリー

OJJさん
ここは、ほとんど、雨が降りませんし、夏は、50-60度の気温ですから、草や木が生えるのは、難しいでしょうね。

旅爺さん
古代のエジプトの技術は、すごいですね。

なんだかなぁ〜!! 横 濱男さん
健康は、大切ですね。
医者もしっかりとした人に、診てもらいたいですね。


by テリー (2017-06-03 23:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0