So-net無料ブログ作成
検索選択

エジプト旅行記抜粋版 前編 [エジプト旅行]

詳細な旅行記を始める前に、抜粋版を2回に分けて、いれます。
丁度いいタイミングで、抜粋版が、完成しましたので、ソネブロにも、掲載します。

今回の旅行は、2017年2月15日から2月24日までの10日間のエジプト旅行です。
飛行機は、成田→イスタンブール→カイロ(トルコ航空、ビジネスクラス)です。

今回の旅行で、見物した場所を、緑マークで、記しました。

1-01-エジプト旅行ルート観光地r3mh




イスタンブールから、カイロへフライトで、雪山が見えました。

1-02-W2A0051





そして、カイロ空港近くでは、砂漠です。
まあ、エジプトの国土の95% が、砂漠だそうですから、当然なんでしょうが、――。

1-03-4W2A0064





カイロでは、近代エジプト建国の父と称されるモハメッド・アリを記念して、サラジンの要塞の中に造られたモハメッド・アリ・モスクや原始キリスト教がよくわかるコプト博物館や、ムアラッカ教会、聖セルギス教会を見学。

1169年に、ファーティマ王朝に替わって、アユーブ朝を起こした、サラーフッディーン(サラディン)が1176年にここに、建設した要塞です。

1-04-4W2A0100


1824年から1857年に建設されたムハメッド・アリ・モスクです。

1-05-4W2A0106




イスラム教徒が、モスクに入る前に実を清める泉水です。
その後ろに、フランス王とオベリスクと交換した時計台があります。

1-06-4W2A0114amh





これが時計台。
最初から、時計は、動かなかったという話もあり、エジプトは、オベリスクを返して欲しいと言っています。そのオベリスクは、パリ、コンコルド広場に立っています。

1-07-20170216174624(1)




モスクの中です。

1-08-IMG_3791mh




モスク近くから、カイロ市内を展望したところ。

1-10-4W2A0132




コプト博物館です。
コプト教とは、エジプトを中心とした原始キリスト教の一派です。
エジプトにおけるキリスト教の宣教は、紀元40年頃から、福音書を書いた聖マルコによってアレキサンドリアから行われた、2世紀には、ほぼ全土に広がったと言われています。
当時のアレキサンドリアは、ローマ、アンティオキアと並ぶ古代キリスト教の中心地でしたが、アレキサンドリアのクリスチャンは、キリスト単性論で、あったために、451年のカルケドン公会議では、異端の宣告を受けた。その後は、独自の総司教を立てて、孤立の道を歩んだが、7世紀にアラブ軍のエジプト征服で、イスラム教への改宗が相次いだ。

エジプトの中では、イスラム教徒が、90%、コプト教徒が10%の比率とのこと。

1-11-4W2A0153




1-12-4W2A0179




1-13-4W2A0182





ムアラッカ教会

1-14-4W2A0220




カイロでのホテルは、ギザ・メナハウスです。
ピラミッドのすぐ隣にあります。
中央は、クフ王のピラミッド、右は、カフラー王のピラミッド

1-15-DSC04051mh





階段ピラミッド

階段ピラミッドは、エジプト最古のピラミッドで、紀元前27世紀第3王朝の第2代王のジョゼルがイムホテブに、造らせた。
それまでの墓は、一層の方形の形をしていたが、ジョゼル王の墓は、6層の階段状のピラミッドになっている。

1-16-4W2A0305




階段ピラミッドへは、左の四角の入り口から入ります。

1-17-IMG_0408amh




列柱室を通って、階段ピラミッドに行きます。

1-18-4W2A0302





屈折のピラミッド
スネフェル王が紀元前2600年頃から紀元前2590年頃に屈折のピラミッド。
造った。(基底部188m 高さ105m)
なぜ途中で、傾斜角を変えたかについては、色々説がある。
・同時期に造られていたピラミッドが、完成直後に崩壊したために、途中から工法を変えた。
・建設中に王が病気になったので、完成を急ぐために、高さの目標を下げた。
・これが、完成形で、下エジプトと上エジプトの合一の象徴。

1-19-IMG_3947mh





赤のピラミッド(基底部220m 高さ105m)
スネフェル王が建設したピラミッドです。
紀元前2590年頃から紀元前2570頃に造られた。
スネフェル王が建設した5つのピラミッドの中で、最後にあたる。高さは、3番目に高い。

1-20-4W2A0279





ギザのピラミッドのなかで、一番高いクフ王のピラミッドです。
クフ王のピラミッドは、紀元前2560年頃から、20年かけて造られたと言われています。(諸説あるようです。)
クフ王のピラミッドは、底辺230.37m、現在の高さ138.74m (元の高さは、146.59m) 、勾配51度50分40、容積235.2万㎥ で、平均2.5t の石灰岩を約270万―280万個積み上げたと言われています。

1-21-4W2A0350





予定していたクルーズ船をエジプト観光省に召し上げられた代わりに、12:00-13:00 独占的に、ピラミッドの中、しかも、普通は達色を禁止されている地下70m の区域にも立ち入りを許可されました。
そして、上部の玄室にも、もちろん行きました。
内部は、撮影禁止です。

1-22-Kheops-coupe.svg





三大ピラミッド展望ポイントからのクフ王のピラミッド

1-23-4W2A0360




カフラー王のピラミッド
カフラー王のピラミッドは、中央に配置され、見かけ上、一番高く見えますが、高さは、建設当初143.67m、現在136m。(化粧板の一部は、残っているが、頂点部は破損しているので、最初よりは、低くなっている。)元の高さで、クフ王のピラミッドを比較すると、カフラー王のピラミッドは、12m 低く造られている。底辺215.29m、勾配53度10分。

1-24-4W2A0356




中央メインカウラー王のピラミッド、右が王妃のピラミッド
メインカウラー王のピラミッドは、高さ65.5m (現在、62m )、底辺105m 勾配51度20分。

1-25-IMG_4053mh





三大ピラミッド展望ポイントからのピラミッド
左から、クフ王のピラミッド、カフラー王のピラミッド、メインカウラー王のピラミッド

1-26-IMG_0411mh





クフ王のピラミッドの近くで、太陽の船の断片が1954年に発見されて、14年かけて、再現され、博物館に展示されています。

1-27-IMG_0434mh





博物館も船の形をしています。

1-28-IMG_4076mh




スフィンクス
スフィンクスは、頭部以外は、この場所に、小山のように存在した石灰岩を削って、造られました。周囲の窪地を造るために切り出された石材は、近くの神殿の建設に使われました。
頭部は、別の場所から運ばれてきた硬質石灰岩で造られています。
一枚岩の彫像としては、世界最大だそうです。ネットで調べると、カフラー王のために、すなわち紀元前2500年頃造られたというのが、一般的のようですが、中には、紀元前7000から5000年という説や、数百年過去に遡るという説もあります。

1-27-4W2A0401






旅行4日目、早朝の飛行機で、カイロからルクソールに飛び、まず、ルクソール西岸の観光です。
ルクソールは、新王国時代、テーベと言われ、首都として栄えます。
西岸にあるメムノンの巨像です。
第18王朝の紀元前1380年頃アメンホテップ3世によって、造られました。
高さ2.3m の台座に、15.6m の像が置かれています。
メムノンの巨像は、ローマ時代の地震や温度差で、不思議な現象が起きたそうです。風が吹くと「巨像が歌う」と、言われましたが212年に修復工事が行われ、今はその現象はないとのこと。
この巨像は、アメンホテップ3世自身で、背後にアメンホテップ3世の葬祭殿があり、この巨像は、入り口の部分でした。

1-29-4W2A0474




現地で、購入した本に、当時の想像図が、出ていました。

1-30-メムノン巨像mh





新王国第18王朝1470年頃ハトシェプト女王葬祭殿

1-31-4W2A0508amh




1-33-4W2A0539




1-34-4W2A0536




1-35-4W2A0515




王家の谷の見学です。
撮影禁止となっていますので、ネットの写真を借用します。

ツタンカーメン王墓

1-36-ツタンカーメン王墓r1





王家の墓の中で、一番綺麗と言われているセティ1世のお花のレリーフ
(ただし、ルーブル所蔵)
セティ1世を迎えるホルスト女神

1-37-セティ1世を迎えるハトホル女神r1




最近、公開されるようになったネフェルタリ王妃の墓もきれいです。

1-38-Maler_der_Grabkammer_der_Nefertari_004





1-39-ネフェルタリ1




1-40-ネフェルタリ2





ルクソール東岸の見物です。

カルナック神殿

アメン大神殿(面積30ha) を中心とし、南のムート神殿と北のメンチュ神殿を加えた広大な神殿。中王国時代には、地方神のアメン神を祀る神殿だったが、テーベが首都になると、アメン神は、太陽神ラーと合体、国家最高神になった。新王国時代は、ハトシェプト女王、トトメス3世、セティ1世、ラムセス2世などが、主な神殿を建立。その後も建造が続き、プトレミオス王朝やローマ帝国時代の遺跡も残るエジプト最大級の神殿。2000年かけて、増築された大神殿です。

1-41-4W2A0555





大列柱室です。

1-43-4W2A0575




一部、 塗られた色がわずかに、残っています。

1-44-4W2A0577




色を再現すると、こんなカラフルな色だったようです。

1-44x-IMG_0024




次回は、抜粋版の後編を4/2 早朝にアップします。


テリーの部屋 Part 1 はこちらです。http://terry658.blog.so-net.ne.jp/



nice!(50)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 50

コメント 13

tochi

行ってみたいところですがちょっと無理ですね
写真で行った気分を味わせていただきます
by tochi (2017-04-01 06:40) 

green_blue_sky

エジプト文明、調べれば調べるほど興味を持ちます(^_^;)
by green_blue_sky (2017-04-01 07:18) 

セイミー

偉大な古代エジプト文化のの歴史を思い浮かべます 凄い探訪ですね
by セイミー (2017-04-01 09:37) 

johncomeback

拙ブログへのコメントありがとうございます。
海外旅行に興味が無いのですが、ピラミッドと
万里の長城は見たいと思っています(^-^)
by johncomeback (2017-04-01 11:04) 

せつこ

エジプトへは行きたかったけど、計画を立てたころ紛争騒ぎが起きて行けなかった。
スフィンクスの本物を見られて良かったね。
観光客も結構居りますね、今は治安 大丈夫なんでしょうか!
by せつこ (2017-04-01 11:57) 

テリー

tochi さん
エジプトは、まだ、色々な謎があり、興味深いですね。

green_blue_skyさん
7000年前の文明、しかも、巨大な遺跡が数多く残っていると言うのは、すごいですね。

セイミーさん
エジプトは、一度は、行ってみたい場所ですね。

johncomebackさん
やはり、エジプトは、すごいですね。
万里の長城はともかく、エジプトの7000年前の文明は、すごいです。

せつこさん
いい、質問ですね。私も、まだ、治安は、不安があると思って、いましたが、昨年12月頃のニュースで、意外と日本人観光脚が多いのに、
驚きました。
今は、日本人観光客は、かなり、戻ってきているようです。ツアーに、ピストルで、武装したセキュリティーの人が、一人ついて来ていました。
観光地の至る所に、機関銃で、武装した兵士がいます。
外務省の海外情報では、海外渡航注意情報が出ていますので、他の国よりは、危険と思います。
by テリー (2017-04-01 14:02) 

achami

何もかも巨大ですね!!!!
一度はこの目で見てみたいものです〜。
by achami (2017-04-01 17:09) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

やはり、中東はいいですね。
不思議な魅力が一杯詰まってます。
自分にとっては、中東は別世界です。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-04-01 21:27) 

テリー

achamiさん
エジプトは、テレビで、色々、放送されていますが、やはり、一度は行って見たいところですね。

なんだかなぁ〜!! 横 濱男 さん
エジプトって、知らないことが多かったですね。
by テリー (2017-04-01 21:41) 

OJJ

何もかもビックリですが、雪山の景色になおビックリ。
by OJJ (2017-04-01 21:43) 

テリー

OJJさん
まあ、冬ですが、イスタンブールとカイロの間に、雪山があるというのは、意外でした。
by テリー (2017-04-01 22:49) 

hatumi30331

どこに行っても歴史的な宝物だらけでしょうね。^^
行って見たいなあ〜〜♪

by hatumi30331 (2017-04-02 00:07) 

テリー

hatumi30331 さん
はい、見応えありましたよ。
行くなら、日本の冬の時期ですね。
by テリー (2017-04-02 22:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: