So-net無料ブログ作成
検索選択

北穂高岳登山その5:北穂高岳山頂にて [山・自然]

11時15分頃(8月25日)無事北穂高岳(北峰)山頂に到着しました。まあ、12時前に着けばいいと思っていました

ので、比較的順調に来たと言えます。

デジイチEOS Kiss X4 をザックから取り出して撮影開始です。

北穂高岳南峰と奥穂高岳です。

01-IMG_4354me.jpg

有名な滝谷です。

02-IMG_4357me滝谷.jpg

03-IMG_4358me.jpg
↑こんなところ歩けるのかな?

撮影している時騒がしくなりました。雷鳥が来てくれたのです。

三羽もいます。後ろは、前穂高岳です。(雷鳥が騒いだのではなく、周りの人間が騒ぎ出したのです。ー念のた

め)

04-IMG_4370me3羽.jpg

↓目の上に赤い眉毛?があって、かわいいですね。
05-IMG_4389goodme.jpg

↓この雷鳥は、どっしりしていて、羽にも風格があるので、お母さん雷鳥かな?
06-IMG_4391お母さん?雷鳥me.jpg

北穂高南峰と雷鳥です。雷鳥の後ろは、断崖絶壁です。
07-IMG_4394me.jpg

カメラ目線です。
08-IMG_4398me.jpg

常念岳です。どっしりした迫力がありますね。

09-IMG_4402常念岳me.jpg

↓槍は。ちょっと、雲の中です。
10-IMG_4407me.jpg

昼過ぎ、大キレットへ行くグループです。

急峻な崖を下りて行きます。グループによっては、一番前と一番後ろのリーダーにザイルで結ばれているグルー

プもありました。やはり危険なのでしょうね。大キレットが一番危険と言われているコースですが、しっかりとした

リーダーの基で、意外と初心に近い人が縦走しているのがわかりました。

10x-IMG_4413me大キレットへ.jpg
↑後ろ向きに下りて行きます。


涸沢と北穂高岳北峰の頂上からの景色を動画でもどうそ。



この日の夕方、大きな雷声とともに。雨が降ってきました。天気予報の午後から時々雷雨はあたったとお言えま

した。テント泊を予定していた人も、急遽、小屋泊にした人もいました。

翌朝です。

朝4:58 の夜明け前です。

11-IMG_4418me夜明け前.jpg

なんと言っても、北穂高岳頂上は、山荘から1分と言う近さですから撮影にはもってこいです。


富士山です。

11x-IMG_4425me富士山.jpg

5時13分ご来光です。雲の間から太陽が出てきます。

12-IMG_4435me.jpg

朝日に輝く槍ケ岳です。

13-IMG_4487me.jpg

南岳の小屋 槍ヶ岳山荘が見えます。

13xIMG_4514me.jpg

北穂高南峰と奥穂高岳です。

14-IMG_4472me南峰・奥穂高.jpg

滝谷です。下をじっとのぞき込むと、吸い込まれそうです。本当に垂直ですね。

15-IMG_4470me滝谷.jpg

16-IMG_4503me.jpg

17-IMG_4505me.jpg

笠ヶ岳(2897.8m )です。

18-IMG_4528笠ヶ岳me.jpg

左から常念岳(2857m )、蝶槍(2664.3m)、蝶ケ岳(2677m)です。

19-IMG_4532常念岳・蝶槍・蝶ケ岳me.jpg

重い荷物を持ってあがった甲斐がありました。やはり、この時期の3000mの山の頂上は最高ですね。

テリーの部屋 Part 1 はこちらです。http://terry658.blog.so-net.ne.jp/

My Favorite Photo 2010 に15枚目(動画は除く)の写真で、エントリーします。
選んだ理由:2010年の思い出の写真と言えば、やはり、久しぶりに、急峻な3100 m を越える山に登って撮影した槍ヶ岳ですね。40年以上前に奥穂高から撮影した槍ヶ岳が忘れられず、今度は、是非北穂高岳から撮影したかったのです。62才を越えても、まだ、3106m の山頂に立て、槍ヶ岳の写真を撮影出来たのは、大きな喜びでした。
nice!(60)  コメント(26)  トラックバック(1) 

nice! 60

コメント 26

お茶屋

普段は決して見ることのできないシーンばかり☆
本当にすばらしい!です♪
by お茶屋 (2010-09-25 18:19) 

くまら

絶景・・・と言うよりも・・・ここまで来ると怖いです・・・
ご来光が神秘的ですね
by くまら (2010-09-25 18:26) 

旅爺さん

険しい山並みに崩れそうな岩場!”
スリルなんてもんじゃないですね。爺は行くの止~めた!”
by 旅爺さん (2010-09-25 19:24) 

Silvermac

雷鳥に出会えるなんて、ラッキーでしたね。
by Silvermac (2010-09-25 21:43) 

青い鳥

凄いですね、雷鳥が3羽も揃って姿を見せてくれるなんて!
by 青い鳥 (2010-09-25 23:30) 

Yoshiki

朝日に映える槍の姿がすばらしいですね。一度はこの目で見てみたいものです。
by Yoshiki (2010-09-25 23:35) 

BPノスタルジックカーショー

おはようございます。

やはり、上から見る風景は違いますね。
何時も下から眺めております。
by BPノスタルジックカーショー (2010-09-26 04:55) 

たいへー

私は麓でビール飲んでます・・・^^;
by たいへー (2010-09-26 07:47) 

袋田の住職

日本にもこんなところがあったんですね!
by 袋田の住職 (2010-09-26 08:46) 

テリー

お茶屋さん
北穂高の山頂の景色は、予想していた以上にすばらしいものでした。
登って、頂上の山荘で、泊まった甲斐がありました。

くまらさん
そうですね。ご来光は、唐松岳でも、見ましたが。それとは、又違ったご来光で。感動しました。

旅爺さん
ナイス&コメントありがとうございます。

Silvermac さん
雷鳥は。居間まで、何回か見ていますが、3106m の頂上で会えるとは、びっくりでした。本当にラッキーでした。

青い鳥 さん
きっと雷鳥は。親子だったのだろうと思います。仲が良さそうでした。
3羽も雷鳥を見て。大感激です。

Yoshikiさん
ナイス&コメントありがとうございます。

BPノスタルジックカーショーさん
穂高・槍は、下からも、上からも迫力があって、大好きです。
ナイス&コメントありがとうございます。

たいへーさん
ビールを飲みながら、高い山を見るのもいいですね。まだ、歩ける内は、登りたいと思います。

袋田の住職さん
3000m を越える山は、やはり、表情が違いますね。




by テリー (2010-09-26 10:01) 

さかしん

はじめまして。
北穂高岳の写真は雄大ですね〜
自然の力強さを感じました。
動画で見るのも迫力ありますね。
絶景の数々をありがとうございました。
by さかしん (2010-09-26 11:18) 

mamii

険しい山並みですね。
by mamii (2010-09-26 12:21) 

ロボタン

こんにちは、素晴らしい写真ですね。穂高はやはり岩ですね。楽しませていただきました。それでは、何時か、何処かで!!
by ロボタン (2010-09-26 13:00) 

水郷楽人

とても神秘的な景色ばかりです。
by 水郷楽人 (2010-09-26 13:55) 

せつこ

槍ケ岳はやはり凄いですね。
常念岳も有名ですね、眺めも雄大です。
厳しそうで、ここで観賞させrて頂きます。
by せつこ (2010-09-26 14:45) 

OJJ

このキレット、写真で見る限りパスしたいですね~  無理っぽい!涙)
by OJJ (2010-09-26 15:03) 

吉之輔

ご無沙汰してます。チョット入院して窓から見慣れた風景ばかり。
素敵なお写真で気分最高です。無事退院できました。
お体大切ににね。
by 吉之輔 (2010-09-26 16:00) 

テリー

さかしんさん
初めまして。
北穂高、雄大でした。永年の夢が叶いました。
ナイス&コメントありがとうございます。

mamiiさん
そうです。さすがに。北穂高岳でした。
登って良かったです。

ロボタンさん
コメントありがとうございます。

水郷楽人さん
やはり、3000m を越える山は、ひと味違いますね。

せつこさん
槍ヶ岳は、富士山に次いで、好きな山です。色々な山から、撮影したいですね。
常念岳もすごい山です。一度登りましたが、大変でした。

OJJさん
大キレットは、厳しい縦走路のようです。いつか、縦走してみたいですがーー。

吉之輔さん
退院おめでとうございます。これからもよろしく、お願いします。

by テリー (2010-09-26 17:51) 

あら!みてたのね

こんにちは・・・
ガスっていますね・・・絶壁の稜線、こりゃ~ちょっと歩けそうには見えません! わたしには(笑)
富士山を望風景! ご来光! 朝日に輝く槍ケ岳・・・感動ものです(^_^)v
雷鳥に出会えたのですね! わたしも立山で出会いました。
by あら!みてたのね (2010-09-27 13:40) 

いろは

こんにちは^^
北穂が綺麗に見えていますね〜♪
実は私も若い頃、主人と登りました。ガスがかかって周りが何も見えませんでしたので・・・
滝谷に吸い込まれそうですね。
雷鳥がこんなに近くまで来てくれたのですね〜
神々しい夜明け前、ご来光が素晴らしいです!
朝日に輝く槍ケ岳、美しいですね〜♪
by いろは (2010-09-27 15:29) 

響

うわ~!
見たかった雷鳥だ!
しかも3羽も。
羨ましいです。
しかし絶景につぐ絶景ですね。

by (2010-09-27 21:04) 

テリー

あら!みてたのねさん
この日の天気予報では、奥穂高の方は、崩れるかも知れませんと言っていましたので、奥穂高の方は霧雨が少し、降ったかも知れませんね。雷鳥に会えたのは、ラッキーでした。前に、2年前にも白馬で見かけました。

いろはさん
楽しいコメント、ありがとうございます。雷鳥を見かけると、心が和みますね。
折角、北穂高に登りましたから、槍ヶ岳を見る琴が出来て、良かったです。

響さん
雷鳥、3羽もみることができて、ラッキーでした。北穂高からの眺めは、本当に、絶景です。

by テリー (2010-09-28 18:10) 

mimimomo

雷鳥に会えたとは素晴らしいですね~ まだ一度も会った事がありません。
やはり登山はリーダーですよね。自分がしっかりすることはもちろんですが、リーダーの質は大事です。
by mimimomo (2010-10-08 19:18) 

BOB

はじめましてBOBです。
素晴らしいショットと動画ですね。
私もこの夏に40年ぶりに涸沢でテント泊して北穂に登りました。
40年前は走るように登れたのに・・・
しかし今回はコース時間を大幅に超えるほど大変でしたが
この景色があるから登れるんだなとこのブログを見て再認識しました。
by BOB (2010-10-10 09:22) 

ミスター

北穂からの朝の写真ですが見えているのは槍ヶ岳山荘ですよ。
by ミスター (2010-10-14 02:09) 

Shin.Sion

エントリー写真は15枚目のm_13-IMG_4487me-d854b
で宜しかったでしょうか?

どれも素晴らしい自然の造形美ですね~、エピソード
を拝見してびっくりしてしまったのですが日々の努力
と強い精神力から生まれた作品ですね!

My Favorite Photo 2010 へのご参加ありがとう
ございました!

全てのエントリーが終了後に当ブログで私の
コメント付でご紹介させて頂きます!

Shin.Sion.

by Shin.Sion (2011-03-08 19:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: