So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

南アフリカ旅行No08 ビクトリア・フォールズ見物2(8月26日撮影) [南アフリカ旅行]

ビクトリア・フォールズ見物のその2です。

ビクトリア・フォールズは、ジンバブエとザンビアの二つの国に接している。
滝は、ザンベジ川の途中にあり、幅が1708m, 落差が、中央部で、最大108m, 最も低い西の端で、80m ある。
落差は、世界三大滝の中で、一番大きい。
雨期の水量が多い時期と乾期の水量が少ない時期とで、10倍もの違いがあるそうです。
8月26日は、まだ、なんとか、水量があると期待していましたが、少し裏切られました。
まあ、水量が多い時期は、水煙がひどく、滝がまともに見えないそうですが、――。

ビクトリア滝を、グーグルアースで、見ると、こんな感じです。

8-00-ビクトリア滝




我々が、見たルートは、下の淡青色の線のルートです。

8-001-ビクトリア滝見物ルートbyGPS




8-01-4W2A0063




8-02-4W2A0065


続きを読む


南アフリカ旅行No07 ビクトリア・フォールズ見物1(8月26日撮影) [南アフリカ旅行]

2泊3日の旅行も順調に終わり、8時30分ごろ、羽田空港に到着し、手荷物をピックアップして、9時5分のバスに乗り10時ごろには、我が家に到着し、ビールを1杯戴いたところです。予想よりも、早めに、予約投稿できます。

やっと、観光を報告できます。
飛行機の移動が長く、退屈された人もいるかもしれませんね。


ビクトリア・フォールズ空港から、ビクトリアの滝へ、2台のマイクロバスに分乗して、向かいます。

車は、左側通行です。

7-01-4W2A0030




7-02-4W2A0031




7-03-4W2A0032




空港から滝の入り口までは、こういうルートでバスが走りました。
下に空港があります。上に、向かってバスは、走っています。

7-03x-空港から滝へ



滝の見物は、動画をまずご覧ください。

https://youtu.be/HPV8OjcQLA4




続きを読む


南アフリカ旅行No06 ヨハネスブルクからビクトリア・フォールズへの飛行(8月26日撮影) [南アフリカ旅行]

11:25発のビクトリア・フォールズ行きの搭乗が始まりました。
ボーディングブリッジではなく、バスで、に後期の近くまで行き、タラップで乗り込みます。

6-01-DSC03199mh




バスの中です。(相方撮影)

6-02-DSCN3438mh




ここからは、動画で、撮影していますので、動画を見て戴いた方が、わかりやすい。
特に、飛行機からの景色は、動画の方が、はっきり、写っています。

https://youtu.be/WMYCIzN3siw



飛行機は、737-400 です。

6-03-DSC03200mh


続きを読む


南アフリカ旅行No05 ヨハネスブルク到着(8月26日撮影) [南アフリカ旅行]

ヨハネスブルクへほぼ定刻(06:35)で到着です。
次のビクトリア・フォールズ行きは、11:25 発ですので4時間50分あります。
この区間は、エコノミークラスなので、時間があるのに、ラウンジが使えないので、どうやって時間をつぶそうかとも、思っていました。クレジットカードによっては、らウイン字が使えるものもあるようです。
調べた範囲では、年間会費がそれなりに、払う必要があるようです。

しかし、南アフリカへの入国審査が、以外と時間がかかり、1時間以上かかりました。
見ていると、要領が悪い感じです。

やっと、入国審査を終え、チェックインバゲージをピックアップして、それは、ポーターさんに次のブリティッシュ・エアウエーズの国際線出発カウンターまで、運んでもらい、チェックインです。
それが終わると、出国手続き(これは、簡単です)をして、各人、ゲートに行き、航空機に乗ります。
出発時間の40分前までに行けばいいので、少し、時間があります。

お店を見ながら、ゲートに向かいます。

お土産店です。
まだ、スリッパが、ないか、あわせて、探しています。

5-01-DSC03168mh




シマウマのケガワです。

5-02-DSC03167mh




これは、ダチョウの卵です。

5-03-DSC03169mh


続きを読む


南アフリカ旅行 No04 ヨハネスブルクへの飛行(8月25日―26日撮影) [南アフリカ旅行]

ヨハネスブルク行きの飛行機は、23:45 発です。
30分前までにゲートに来てくださいと搭乗券に書いてありますので、40分前に、ラウンジを出て、ゲートに向かいます。

4-01-DSC03120mh




4-02-DSC03121mh




これが、ヨハネスブルク行きのゲートです。
ちなみに、JAL の共同運航便にもなっています。
キャセイパシフィック航空のお客さんで乗っていますが、――。

4-03-DSC03122mh




中国語では、こういう表記です。
これは、ヨハネスブルクとは、読めませんね。

4-04-DSC03124mh


続きを読む


南アフリカ旅行 No03 ホンコン乗り換え(8月25日ー26日撮影) [南アフリカ旅行]

ホンコンで、ヨハネスブルク行きへ乗り換えです。
ホンコンに20:40頃到着し、ヨハネスブルク行きは、23:45 発です。(日本時間翌日の0:45発)

ホンコン到着後、近くのラウンジに、案内されましたが、空港内見物とスリッパ探しで、少し、ぶらついてみました。
一度ラウンジに入った際、ラウンジへのインビテーションカードをとられましたが、搭乗券へリエントリーのスタンプを押してくれましたので、再入場は、問題ありませんでした。(一度ラウンジから出ると、リエントリーできないと思っていた人もいました。リエントリースタンプが押してないと、不可です。)
ホンコン空港は、アジアのハブ空港としての地位を確立していると言うだけあって、でかいです。2015年の年間乗降者数は、6800万人だそうです。成田空港とは、かなり、違いますね。

3-01-DSCN3380mh




これは、日本からの出店でしょうか。

3-02-DSC03107mh




ミッキーやスパイダーマンのザックがあります。

3-03-DSC03109mh


続きを読む


南アフリカ旅行 No02(8月25日―26日撮影) [南アフリカ旅行]

成田からのキャセイパシフィック航空の香港便は、16:55 発です。

これが、飛行機です。
777-300ER です。

2-01-DSC03073mh




相方が、機内に乗り込むときにニコンS9900で、撮影した写真を借用します。

DSCN3352mh




DSCN3353mh


続きを読む


南アフリカ旅行 No01(8月25日撮影) [南アフリカ旅行]

今年2月末から3月初めに南米旅行をしたときに、世界3大滝のイグアス滝を見て、すごく、感激しました。ナイアガラの滝は、昨年10月のカナダメープル街道の紅葉観賞ツアーで、見物しましたので、どうしても、アフリカのビクトリア滝を見たくなりました。

時期としては、来年のつもりでしたが、相方が、ナマクアランドの花と一緒なら、見に行ってもいいというので、急遽、8月25日~9月4日のツアーに申し込みをして、6月中旬に説明会に参加しました。

高齢になってくると、本人の健康問題、家族の健康問題、子供や孫の問題で、なかなか、行けなくなる時期があります。
行けるときに、行くのがいいというのが、私の考え方で、最終的にゴーということに決定です。
花見ツアーも色々、ありますが、結局、昨年2回、今年1回、利用したクラブ・ツXXXXです。
添乗員が若い女性で、何事にも真摯で、対応してくれて、好感がもてるというのがその理由です。
イタリア旅行で、利用した大手のJxB は、経験豊かなかなり年をとった女性で、態度が横柄で、二度と使う気にはなりませんでした。


今回の見所は、
(1)ビクトリア滝をジンバブエ側からの観光
(2)チョベ動物公園を地上4WD から、また、ボートからの野生動物見物、ザンベジ川の夕日見物
(3)南アフリカ、ナマクアランドの一面のお花見物
(4)ケープタウン、喜望峰やアフリカペンギンが生息するボルダービーチの見物


飛行機の往復に、3.5日位かかりますので、実際の観光は、7日~7.5日です。


旅程は、
(1) 成田→香港(約4時間45分) 3時間45分後 香港→ヨハネスブルク(約12時間50分) 4時間50分後(入国審査、荷物ピックアップ、ビクトリアフォールズ行きの飛行機へのチェックイン、出国手続きも含め)ヨハネスブルク→ビクトリアフォールズ(約1時間40分)
(2) 13:05 ビクトリアフォールズ到着
ビクトリア滝を、ジンバブエ側から見物。
17:00 頃ホテル到着
ザンベジ川サンセットクルーズ
(3) 翌日、チョベ国立公園を午前中、サファリドライブ、午後ボートサファリ
(4) 翌日の午前中ビクトリア滝をヘリコプターから見物
午後ヨハネスブルク経由ケープタウンへ移動
(5) 5日目、6日目、7日目ナマクアランドのワイルドフラワーをバスで移動しながら鑑賞
(6) 8日目、バスでケープタウンに戻り、昼食後、テーブルマウンテン観光
(7) 9日目、アフリカペンギンのいるボルダーズビーチを観光した後、喜望峰、ケープポイントを観光
(8) 10日目、ホテルを早朝(05:30) 出発し、ケープタウンから、ヨハネスブルク、香港経由で、成田へ。成田は、11日目、9月4日の15:55 着です。ほぼ定刻通りで、到着。17:00 のリムジンバスの乗って、我が家近くのバスステーションで下り、そこから、歩いて、我が家に帰り、車をもってきて、荷物を運び18:00ちょっと過ぎに到着。(ツアーの中では、一番早く帰宅できたと思います。)


あまり、いい地図は無いのですが、赤字の円で、囲った部分が、行った場所です。

1-00-南アフリカ地図



  

行った国は、結局、南アフリカとジンバブエです。
ジンバブエは、アメリカドルが使用できます。入国するときに、ビザ費用として、一人45ドルかかります。
南アフリカは、ランドというお金で、1ランド、おおよそ10円です。(成田での両替は、率は、悪いです。)

成田―香港、香港―ヨハネスブルクは、キャセイ-パシフィックエアラインの飛行機でした。
ヨハネスブルクービクトリア・フォールズ、ヨハネスブルクーケープタウンは、ブリテッィシュエアウエーズです。

今回は、片道、2日近く、飛行機に乗って、すぐに観光ですので、ビジネスクラスの席にアップグレードしてもらいました。

おかげで、成田で、ラウンジが使えました。
キャセイーパシフィック航空はワンワールドの航空会社なので、同じワンワールドのJALのラウンジが、使用できます。
ネット情報では、成田のキャセイパシフィック航空のラウンジは、カップラーメンとか、謎の寿司とか、たいしたものはないという評判でしたので、もちろん、JALのラウンジを使用しました。代わりに、香港のキャセイ-ラウンジは、幾つかあり、なかなかいいという評判です。

今回のカメラ機材は、次の通りです。
(1) EOS 7D MK2, EOS Kiss X7
(2) レンズ:EF-S180-200F3.5-5.6 IS USM, EF-S10-22 F3.5-5.6, EF-S60F2.8Macro,
EF70-200F4L IS USM テレコンX1.4, テレコンX2.0Sigma 18-250 F3.5-6.3 DC Macro HSM
(3) コンデジ:DSC-HX90V, DSC-RX100M4, オリンパスTG-4
(4) ビデオカメラ:HDR-CX675, HDR-CX390(予備)

予備バッテリー、充電器、三脚などを入れて合計8Kg 位。

集合時間は、14:25 ですが、30分前から、ツアコンサンが来ていますというので、両替をした後、14:00 頃ツアーのカウンターに行って、ツアコンサンから、航空券や資料をもらって、チェックインし、荷物を預けた後、JAL のサクラ・ラウンジで、出発の16:55 の30分前まで、過ごします。

シャンペンとサラダ

1-01-DSC03058mh




冷やしうどん。
意外と美味しかった。

1-02-DSC03060mh


続きを読む


オリンパスTG-4 試し撮り(8月17日撮影) [新機材]


南アフリカ旅行写真を整理中ですが、旅行前に行ったカメラテストの記事を載せます。
次回は、南アフリカ旅行記を、すこしづつ始めたいと思います。

色々ビクトリアフォールズの旅行記を見ていると、水しぶきがすごいようです。
今持っている防水コンデジはDSC-TX20 ですが、すごく、コンパクトで、使いやすいですが、水しぶきが凄いところで、使うと、光を取り入れる部分が少ないだけに、しぶきが付着すると画質への影響が大きいです。
ということで、思い切って、更新することにしました。
本当は、オリンパスTG-870 を買おうと思って、近くのヤマダ電機に行きましたが、残念ながら在庫無しでした。TG-4 なら1個在庫ありと言うことでしたので、購入です。

TG-4は、25-100mm F2.0-4.9 と明るいレンズがついています。唯、背面の液晶モニターが、46万画素と、今年発売されたTG870 の92万画素に比べると、見劣りがします。

ということで、TG- 870 を購入したかったのですが、熊本地震の影響で、生産ができなくなったようで、生産打ち切りのようです。

TG-4 は、顕微鏡モードというのがあって、1cm から撮影可能です。
使ってみたら、大変便利な機能で、手持ち撮影で、野外でも、結構使える感じです。

近くの花壇で、試し撮りです。

01-P8170006mh




02-P8170008mh




03-P8170009mh


続きを読む


久しぶりの谷津干潟(9月7日撮影) [鳥]

南アフリカ旅行もあり、約一ケ月ぶりの谷津干潟です。


一月前は、杭の付近のミズクサを除去されていましたが、また、広がっていました。
代わりに、杭の中は、除去されています。これなら、カワセミも餌取りができるでしょう。

1-01-DSCN4133mh




カイツブリが、ミズクサの中に潜って、時々、姿を現します。


1-02-DSCN4141mh




干潟の水際にセイタカシギの群れがいます。

1-03-4W2A0013mh




1-04-4W2A0016mh


続きを読む


前の10件 | -